【就職率97%学校法人変更】苫小牧駒沢大が中国化してるってマジですか?


苫小牧駒澤大学は1964年に創立した女子短大が母体のFランです。
家政学科系の女子短大を無理矢理男女共学Fランにしたという点では京都文教大学と似ていますね。

駒沢という名前でも判る通り1998年に四大になった当時は、日東駒専の一角を担う、駒澤大学の母体、学校法人駒澤学園が運営に関わっていました。

’10年ごろまでは『本家』の駒澤大学に編入する事が出来る唯一の道内の大学として人気がありましたが、学生が集まらない事から、運営に不穏が影が出てきました。
それは何故でしょうか。

・Fランながら就職率脅威の97%の実態は?

苫小牧駒沢大学は、JR室蘭本線苫小牧駅からバスで30分。
室蘭本線錦岡駅から道南バス 12 川沿ときわ線「駒沢大学前」行で8分の所にある大学です。
こう書くと『交通の便がいいんだなぁ』と勘違いされる方がいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

室蘭本線は電車が1時間に1本しかないので、それを逃すとアウトです。
新千歳空港から高速バスで50分、札幌から『スーパー北斗』に乗っても50分近くかかるという、へき地です。

学部は、国際文化学部と、キャリア創造学部の2つから構成されており、
選択でアイヌ文化や仏教文化を学ぶことが出来ます。

就職率は脅威の97.7%ですが、これは『就職先を選ばなければ』という条件付きです。
主な就職先は、公務員、運送業、農協、地元産業で、上京して一部上場企業に就職という期待はしない方がいいでしょう。

・硬式野球部は、やっぱり有名

苫小牧駒沢大学は、マーチングバンドと硬式野球部が評判です。
硬式野球部は言う間でもありません。付属高校が素晴らしいのですから。

マーチングバンドは、全国大会で優秀賞を取るほどの腕前です。

’18年には『北海道VS九州Fラン野球部対決』が神宮で幕をあけました。
苫小牧駒沢大学は、北海道予選を勝ち上がり、明治神宮野球大会で、九州大分のFラン・日本文理学院と対決。
エースで国際文化学部3年の伊藤大海君が抑えてくれました。

彼はマー君こと田中 将大選手と同じ駒澤大学附属苫小牧高等学校出身で、U22の侍ジャパンにも選出されています。

・必須のシラバスが小学校並

苫小牧駒沢大学必須のシラバスは、数あるFランの中でも『小学生並』なのです。
ここまで酷いシラバスは、なかなかお目にかかれません。

必須のシラバスで日本の地理や、日本語の会話、文法、
スポーツや文化、食べ物の解説ってありえません。
小学校の社会科見学で判る内容です。

その他にも文の読み書き要約引用の基礎を四大で教えてます。
小学校の子供でも出来るレベルですよ。
シラバスがFラン留学生向けであるのが判ります。
何故この様なシラバスになっているのでしょうか。

・学校法人が変わっていた!

実は苫小牧駒沢大学、学生激減の経営難から、’17年に経営を曹洞宗系の駒沢大学でなく中国系の学生が9割を占める『学校法人京都育英会』に無償譲渡してるのです。

敷地蔵書備品も含めると50億の資産がタダ扱いというだけでなく、カリキュラムも建学の精神も全く違う法人にタダ譲渡です。

譲渡前はこの学校Fランあるあるで『通えば坊さんの資格が取れる大学』の1つだったのです。
曹洞宗の系列なので仏教専修科という学科があり、ゼミは曹洞宗系の教員が講義を担当し、受講終了後は寺院の住職の資格を所得出来るので実家のお寺を継ぎたい人がゼミを受けていました。
毎年30人程の受講者がありましたが、こちらも猛反発の声があった事は確かです。

元々この大学、苫小牧市が市の土地15ヘクタールのうち10ヘクタールはタダで譲って、5ヘクタールを学校側に貸していました。
設立資金95億もかかったのですが、市が負担したのは53億と巨額。

市からしてみれば、お金を返済してくれる所であれば、どこでもいいという腹だったかもしれません。

・学校中国化ってマジなの?

この大学、それだけでなく、’19年10月から日本国内の進学を目指す留学生に日本語教育を施す『外国人留学生別科』を作ったのです。
仕掛け人は言わずと知れた学校法人京都育英会。

留学生の内訳は育英会の会長松尾氏がかき集めた中国人で、勉強する気さえあれば、北の国からいつでもSSランを狙える環境を整えたという事です。
校舎は同大学から東に500m離れたところに面した、元縫製工場の建物で鉄筋2階建。
苫小牧駒澤大学側は、以前中国人留学生を受け入れた時のトラブルを危惧しており、育英会の松尾会長が何かあった際の責任をとってくれるのかどうか心配していると思います。

●受験生にオススメのページ&サイト

大学のパンフ請求で「1000円」もらおう!
プログラミングを学んで月収50万円を目指そう。
通学不要のサイバー大学って実際どうなの?
月額250円で、音楽・映画・本が○○放題♪
新聞奨学生で親に頼らず大学へ進学しよう!

●こんな記事も読まれています

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ