おすすめ記事

Fランク大学の飲み会・新歓コンパ・テニサーの実態 エピソード集 まとめ

大学生のイメージの一つとして語られるのが飲み会です。

大学に入学し、新入生歓迎飲み会(=新歓コンパ)やテニスサークルの飲み会などで羽目を外しすぎ、急性アルコール中毒で運ばれるなどというニュースが毎年のように話題になっています。

この乱痴気騒ぎをしてしまう大学の飲み会新歓コンパテニサーですが、頭が悪いと言われるFランク大学では更にひどい状況のようです。

インターネット上でも神田外国語大学の飲みコールが酷過ぎるとして話題になりました。
そこで、当記事では、Fラン大学の飲み会、新歓コンパ、テニサーの実態についてのエピソードを集めてみました。

●某Fラン大学テニサーの飲み会の実態:

某テニサーの飲み会では必ず会場の端にビールケースが置いてあり、先輩からの指名で主に1年生が自己紹介をさせられます。

普通の自己紹介ではなく、大声で自分の学部、学科などを言わされ、声の大きさに納得してもらえるまで叫び続けなけれぱなりません。

何とか声の大きさに納得してもらったら、ビールを一気飲みしてようやく終了です。

アルハラ+パワハラを兼ね備えた飲み会が行われていました。


●帝京平成大学のテニサーの実態:

テニスサークルがいくつかあり、関係者と友人関係であったのですが、合コン三昧で、テニスのことなどしたことない人が多くいるという現実に驚愕しました。

テニスという肩書きはモテるという理由だそうですが人生の時間の無駄を感じました。

●相模女子大学のテニサーの女の子のエピソード:

Fラン大学のテニサーといえば、もう「軽い!」というイメージそのもの。

そんな事前の印象通りの出来事がありました。

後輩のつてで相模女子大のテニサーと合コンをやった時の事、二次会のカラオケはもうぐだぐだ。

酔っぱらった女性の一人が抱き着いてきて、下半身の衣服を脱ぎ出しました。これには逆に手を出せませんでした。

●浦和大学の実態:

FランのテニスサークルのエピソードをFラン.comさんで時々見ますが、そもそも真のFランにはテニスサークルはありません。

大規模なF欄は分かりませんが、結構無気力な人も多いからか、大学に部活やサークルがないのがほとんどです。

Fランを語ってネタにしたい層がいるのかもしれませんが、真のFランを舐めないで欲しいです。

●九州産業大学の飲み会のエピソード:

お酒を注文する際に「ツノください」と言っていて店員から聞き返されるとメニューをさして「ツノです」と言っていたが、見ると「」と書いており定員から「カクですね」と言われてしまった。

彼はそれ以降しばらく無口になっていた。

●新潟産業大学の飲み会のエピソード:

さすがにバカすぎると思うかもしれませんが、サークルの飲み会ではいつも底が平らでないグラスを誰かが持ってきます。

つまり、飲み干さないと、置けない訳です。溢れちゃうから。

しかも一気飲みするのはウイスキーとか日本酒。頭おかしいです。

*例のグラス。Amazonで見つけました。

●国士館大学の飲み会のエピソード:

運動部が活発な大学なので、サークルも運動にまつわるものが多く、フットサルやラグビーのマネージャーを募集しているように見せかけて、実際は飲みコンパサークルの新歓だったりします。

運営者の誰かがアルバイトしている雑居ビルの中の個室バーなどで、ワインや日本酒をピッチャーで回し飲みするやり方で、潰していきます。

さすがに性的な悪事には発展した事例は知りませんが、明治大学や早稲田大学、慶應義塾大学では同じ手口で性的な悪事が発生しているので、多分色々あるのでしょうね。

急性アルコール中毒で救急車で運ばれたりした人もいました。

●大阪学院大学の飲み会の実態:

新歓で居酒屋で散々ドンチャン騒ぎした挙げ句に二次会でカラオケに行こうと言い出した。

でも近くのカラオケが開いていなかったので、どうするか迷っていました。

そしたら、一人の家で新歓の続きをしようという事になりました。

でも、夜なので大声を出すなと私が注意してましたが、全く聞かずにテンションの上がった一人が神社などで貰う矢をパクってきて振り回し始めました

他の奴らは笑いながら撮影。ツイッターに載せるなよと牽制しつつ、なんとか止める。

ですが、翌日に会った際に昨日のことを聞いたら、悪びれもせずに昨日のはおもろかったやろと言い放ってました。


●大阪学院大学空手部の新歓コンパの実態:

空手部の新歓は酷い有様であった。最初は空手がいかに素晴らしいかを語っていたのに、酔うにつれて本音が出て来た。

本来空手は心身を鍛えて邁進する目的があると思うのですが、誰もが始めた理由が喧嘩に強くなりたいからであると発言し始める。

小学生かなと思うかも知れませんが、実際はこれです。

中には中学から空手を始めて、喧嘩で負けなしだったと豪語する奴もいます。

健全な肉体には健全な心が宿ると言うのは嘘ですね。

●大阪学院大学の飲み会の実態:

基本的にFランである為に浪人は殆どいないのにも関わらず、居酒屋で開口一番ビールでと言い始める。しかも、ほぼ全員である。

唯一ビールを頼まなかった子は酒は飲まないのかなと思ったら、先輩に対して、自分は焼酎派で、ビール嫌いなんですよ、と言っていた。

●某Fラン大学の新歓コンパの実態:

ある日教室に入ると何やら真っ白いのである。

よく観察してみるとウェーイ系が仲間の誕生日に「パイ投げ」をしてお祝いしたらしい。

祝う相手の顔面にパイをぶつけるアレである。

↑これ

 

だが何か匂う。

大学デビューが本物のパイ投げをしてしまったのである。

やり慣れた者が行うパイ投げというのは実際にはシェービングムースなどでやることが多い。

だがそれを知らない大学デビューが本物を用意し、それを投げつけてしまったのである。

大学デビューは学生課に呼ばれていった。

それ以上はどうなったか知らない。

引用:Fラン大学の実態を暴露します! 大学を中退した私の経験談

●流通経済大学のサークルの実態:

これは、私が2年生の時サークルの代表として複数の人と大学主催の新歓に行ったときのことです。

このパーティーを主催したのは、大学の学生会なので、運営などもすべて学生なのですが、私が見た光景は、驚きでした。

それは、4月に入ったばかりの1年生の人たちが、参加している先輩の人たちに向けてではなく運営をしている先輩の人たちに向かって、指をさして、「おい、そこの人」などと明らかに敬語ではなく、常識がないのではないかと思いました。

まさに、これは、レストランで態度の悪い客やクレーマーのような感じで店員に訴えているような感じがしました。

私は、いくら1年生のためのものだからと言って、常識やマナーがないことはいかがなものかと感じました。

●聖徳大学の新歓コンパの実態:

リアルの場で「ウェーイ」という発言を聞くことは通常ありませんが、コンパ会場で「ウェーイ」という声が飛び交っていました。

コールの内容もひどく「一気一気、中●し●出し」「おっぱい揉んで揉んで揉んで揉んで揉んでナンバーブイ!中●し!」というコールで女の子が一気飲みしていました。

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ

にほんブログ村 受験ブログ 受験情報へ
Pocket