おすすめ記事

Fラン文系大学生が就職できる一番マシな職業・就職先


「就職できそうにない」「ブラック企業しか就職できない」と言われてしまうFラン文系大学生。

実際のところ、Fランク大学の学生というだけでも厳しい中、Fラン文系の学生ともなると更に就職は難しくなってしまいます。

そんなFラン文系が就職出来る一番マシな職業は一体何なのでしょうか。

Fラン文系学生向けのおすすめの就職先を検討してみました。

●学歴に関係ない公務員は鉄板!公務員試験を突破さえすれば就職可能の超ホワイト就職先!:

Fラン文系に最もお勧め出来る就職先は間違いなく公務員です。

公務員になることが出来たら、Fラン文系の中では圧倒的勝ち組と言っても過言ではないでしょう。

公務員ほどメリットづくめの就職先はそうそうありません。

●公務員のメリット:
・給料が安定してもらえる
・給料がそこそこ高い
・ノルマがない
・残業がない(職種によってはあるがしっかり残業代がもらえる)
・転勤がない(職種によってはあるが限られている)
・法定休暇は全部休み
・有給が取りやすい
・福利厚生もしっかりしている
・世間体が良い
・(男性の場合)地方ではかなりモテる
・リストラがない
・定年後も仕事が見つかる

特に、給料は年功序列で安定して昇給し、しかもどんなに無能でも犯罪でも起こさない限り解雇されることもないので、一生安定した生活を送ることが可能です。

特にオススメは図書館職員(司書)、美術館職員、博物館職員など、ないしは市区町村役所の窓口対応がない部署です。

市民と接する必要もなく、ノルマもないので、ストレスが皆無の職場だからです。

なお、公務員になるには学歴はほぼ関係ありません

ある程度の努力さえすれば合格する可能性が十分にあります。

その努力量はFランの学生でも十分に可能な程度だと思います。

当然しっかり勉強をする必要がありますが、受ける試験次第では難易度も高い訳でもなく、非常にお勧めです。

早い段階で公務員試験の試験内容や受験概要を把握し、試験勉強をスタートすることを強くおすすめします。

なお、各公務員試験向け予備校が、「公務員試験概要」「公務員試験向けカリキュラム」等の資料を無料で手配してくれるので、とりあえずこちらを資料請求してみてください。

<無料資料請求はこちら>
公務員合格なら大原ヒューマンアカデミー | クレアール

なお、一念発起して勉強に取り組むのであれば、先に紹介した予備校に通うこともありだと思います。

その場合、各予備校の資料を比較して、自分に一番合った予備校にしてください。

フィーリングが合ったところで勉強した方が勉強にも集中して取り組めますよね。その為にも比較は非常に重要になってきます。

●資格職を目指し、高給と社会的信用をゲット!

オススメとしては税理士行政書士などが当てはまります。

このような職種には、資格さえあればなることができるため、なること自体には学歴はあまり関係ありません

また職種によっては、その業界で実績を積めば、独立をすることも可能です。

さらに、資格があれば同職種で転職も比較的容易なため、一般的なFラン生のように「今の仕事は嫌だけど、これ以外に仕事がない」というような状況は避けやすいです。

また、資格が要る分他のFラン生が就く職種より給料も高いです。

ただし、これらの資格を取るのは独学ではかなり難しく、専門学校や予備校とのダブルスクールなどが必要になります(東大早慶クラスの人であれば独学する人もいますが)。

しかしながら、それくらい努力する人は恐らくFラン大学にはいません。これは大きな差別化要素になります。

Fランク大学卒でも税理士などの難関資格を保持していれば「この人は高校までは努力をせずまともな大学に入学出来なかったけど、大学に入ってからしっかり努力をしてきた人なんだな」「だからこの人は今でもしっかり努力出来る人だと見做すことが出来るな」という印象を与えることができます。

つまり、学歴で判断されがちな社会的評価を、一気に覆すことが出来るのです。これは非常に重要なことです。

しっかり努力をする覚悟があるのであれば、資格職は非常におすすめです。

公務員試験と同様、興味がある資格の情報を資格予備校の無料資料請求から取り寄せて、まずは概要を把握してみてください。

予備校は学生を確保したいので、各資格に関する資料を非常に高いクオリティで作成しており、無料にも関わらず非常に参考になるので、せっかくなので利用させてもらいましょう。

こちらのページから資料請求をしてみてください。

■資料請求はこちら:
東京CPA会計学院公務員合格なら大原ヒューマンアカデミー

●地元(地方)の優良企業(財閥企業など):

Fラン文系の就職先として賢いと言えるのは地方の優良企業と言えるでしょう。

例えば、地方の財閥企業(例えば仙台の財閥であるカメイなど)がおすすめです。

はっきり言って高学歴で優秀な学生がたくさん応募をする超有名大手企業は競争が激しすぎて応募の手間が無駄になってしまう可能性が高いです(どうせESを提出しても学歴フィルターで切られてしまいます) 。

参考:なんでFラン卒は学歴フィルターで足切りされるのですか?納得がいきません。

当サイトの記事でもFランク大学から超有名企業に入社する戦略を紹介していますが、これらの記事にあるくらいしっかり念密な準備をしてこなければ、内定を勝ち取るのは非常に難しいです。

それにひきかえ、地元の中小企業はかなり倍率が下がります。

一般的にその地域に住む学生しかその企業のことを知らないことも多いですし、その企業のことを知っていても別地域の学生は応募をしません。

また、高学歴な学生は地方の企業を敬遠する傾向にあります。(高学歴でも受験する可能性がある地方企業は、テレビ局のアナウンサー職と電力会社総合職くらいではないでしょうか)。

そのため、地方優良企業を狙った方がまずFラン文系には内定が取りやすいと言えます。

まずは地元の大企業をリサーチしてみましょう。

その地元で暮らしていくと考えれば、地元の大手企業に入っておけば一生安泰だと言えます。

まずは大学の就職支援センターなどで情報をリサーチしてみてください。

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ

にほんブログ村 受験ブログ 受験情報へ
Pocket