おすすめ記事

Fラン大生は地方公務員を目指せ!最も楽な公務員を教えます!

●公務員は最高にお得な職業:

有名企業は低学歴の学生を採用しませんが、公務員は学歴に関係なく試験に合格すれば採用される特徴があります。

従って、もしFランク大学に進学してしまった場合、公務員を目指すというのは非常に賢い選択肢の一つです。

しかも、公務員というのは恐らく存在する全ての職業の中でも最強の仕事の一つにカウントされます。

公務員のメリットを見てみましょう。

■公務員のメリット:
・給料が安定してもらえる
・給料がそこそこ高い
・ノルマがない
・残業がない(職種によってはあるがしっかり残業代がもらえる)
・転勤がない(職種によってはあるが限られている)
・法定休暇は全部休み
・有給が取りやすい
・福利厚生もしっかりしている
・世間体が良い
・(男性の場合)地方ではかなりモテる
・リストラがない
・定年後も仕事が見つかる

こんな職業、他にあるでしょうか。

ホワイトもホワイト、精神的に詰められ、残業ばかりの高給超有名大手企業を選ぶより、恐らく賢い選択だと言えます。

●公務員の中でも更にお勧めの職業:

ちなみに、そんな最強職業である公務員の中でも、特に仕事が楽なのはどういう職種なのでしょうか。

個人的見解でいくつかピックアップしてみました。

■仕事が楽そうな公務員:
・図書館職員(司書)
・美術館職員
・博物館職員(学芸員)
・霊園管理事務所
・市役所、区役所、町役場、村役場の職員(窓口対応がない部署)

これらの職業は基本がデスクワークのため、肉体労働がありません。

また、窓口対応がないため、市民と接する気疲れもありません(当然民度の低いクレーマーに絡まれる心配は不要です)

のんびり淡々とルーチンワークをこなし、定時に帰宅をする最高の職業だと言えます。

ちなみに、どんなに無能で仕事が出来なくても、公務員はクビになりません。従って自分で無能だと感じるFランク大学の学生でも、就職後にクビになる心配をする必要ありません。

公務員が解雇されるのは、犯罪を犯すとか、一ヶ月無断欠勤をするとか、そのレベルの場合です。

つまり、無駄に波風を立てなければ、職を失う心配もなく、楽な仕事を享受し続ける最高の環境にいることが出来るのです。

●オススメの公務員の職を得る具体的方法:

先にお勧めした職種に就くには、基本的に地方公務員上級に合格する必要があります。

もちろんしっかり勉強をする必要がありますが、比較的難易度も高くないので非常にお勧めです。

公務員試験の勉強内容や受験概要を知るには、公務員試験のプロである予備校の資料を活用するのが一番です。

各予備校とも、受験生を集めたいので、「公務員試験概要」「公務員試験合格のために学習するカリキュラム」を相当に分かり易くまとめて資料にしています。

ちなみに、資料請求は無料です。

無料で必要な情報を把握出来るメリットがあるので、まずは各予備校の資料請求を行いましょう。

その上で、これらの資料で自分が目指す職種及び試験概要、勉強すべき内容をしっかりと把握すると良いでしょう。

<無料資料請求はこちら>
公務員合格なら大原ヒューマンアカデミー| クレアール

なお、予備校での学習に興味がある方は、効率的なカリキュラムを提示している予備校への通学も検討してください。

独学をしようと思っても自分を律するのは意外と難しいものです。

予備校に通うことで、強制的に勉強の機会を確保出来るので、自己管理が苦手な人には予備校は非常にオススメです。

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ

にほんブログ村 受験ブログ 受験情報へ
Pocket