Fランク大学の就職事情って?


大学生活も半分を過ぎますと、いやが上にも「就職」というワードがちらついてきます。

 

そして目につくのがいまだ就職が決まっていない先輩たち…。

 

Fラン大学の就職活動はやっぱりキビシイのか?その実情と就職戦線を勝ち抜くためのポイントに迫ってゆきます。

大企業はやっぱりキビシイ…

正直に言って、有名大企業への就職はキビシイです。

 

有名大企業と言えば人気の就職先、東大、旧帝大、早稲田・慶応などなど、Sラン・Aラン大学から多くの応募があります。さらに就職できるのはその一部という狭き門です。

 

Fラン大ではES提出の時点ではじかれます。面接まで行きついたとしても、Fラン大という事できちんと話を聞いてもらえないのがオチです。

 

特に集団面接などでは、露骨に話を振ってもらえず、屈辱的な気分で家に帰るなんて事になってしまいます。

 

有名大企業へのまともな就職はとりあえず諦めましょう。どうしても行きたいという場合、社会人としてまじめに働いてさえいれば中途採用という枠があります。

キビシイ就職戦線を勝ち抜くには?

人生に1度しかこない「新卒採用」という枠、有効に使いたいですよね。

 

Fラン大生が就職戦線を勝ち抜くためのポイントについてご紹介してゆきます。

 

高すぎる目標は立てない!

まず「高すぎる目標」は立てないようにしましょう。ゴールドマンサックスに入社したいと思っても、Fラン大ではまず無理です。

 

トヨタ自動車の総合職も不可能と言って過言ではないでしょう。

 

ESを出すのは自由ですが、どうせ無理。無理なものはハナから諦めて、その時間を有効に使った方がベターです。

 

一方で世の中には名は知られていないけれど優良な企業は数多くあります。

 

さらに地方の企業ですと、人が集まらずに困っているなんてところも少なくありません。

 

そういった企業であれば、「とにかく若い人が欲しい」という事で、Fラン大からも就職可能です。

 

資格を手に入れろ!

Fラン大ですと「この人って勉強とか努力とかが苦手なんだろうな…」と思われがちです。

 

皆様も大学受験までは勉強と努力が嫌いだったはず。

 

その悪いイメージを少しでも改善してくれるのが資格です。

 

例えばTOEICで700点だったとすると、「まあ英語は頑張ったのね」という印象になります。

 

またTOEICを受けたという事実で、「Fランだけど頑張ろうとしている」というイメージを与える事も出来るものです。

 

決して簡単ではありませんが、「勉強が苦手で努力も嫌い」という印象をはねのけるにはある程度の勉強と努力をするしかありません。

 

正規ルート(新卒採用)だけにこだわる必要は無し!

どうしても働きたい職種があった場合、新卒採用という正規ルートだけにこだわる必要はありません。

 

例えば出版社で働きたいというのであれば、外部ライターとして出版社に出入りするという道があります。

 

そこでそれなりに実力を発揮できれば、仕事をもらう事ができますし、運が良ければ正社員になる事も可能です。


Fランク大学だって就職できないワケではない!

Fラン大の就職事情、正直けっこうキビシイです。

 

けれど、地方の中小など、とにかく人が欲しいという企業だって数多くありますし、就職できないというワケではありません。

 

またTOEICや資格などが就職の手助けをしてくれる事もあります。

 

「どうせムリだ」とか「フリーターでも良いか」なんてクサらずに、しっかりと目標を定めてきちんと行動してください。結果は後からついてきます。

 

 

●受験生にオススメのページ&サイト

大学のパンフ請求で「1000円」もらおう!
通学不要のサイバー大学って実際どうなの?
新聞奨学生で親に頼らず大学へ進学しよう!
奨学金を知って、自分に合ったプランを探そう。
一人暮らし希望なら「学生マンション」がオススメ

●こんな記事も読まれています

●今、あなたにオススメ

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ