Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fラン大学の実態と授業風景 概論

feFラン大学で行われる授業の生態は非常に謎めいていて、まともな大学に行っている人や普通の高校生諸君には想像出来ないと思います。

そこでこの記事では、良いところ悪いところ含めてFランの授業の実態を紹介致します。

参考:Fランク大学に4年間通う価値はあるのか?


●典型的なFランの授業風景は中学生レベル

典型的なFランの授業風景は、まさにFラン大学のイメージそのものといった感じです。本当に初歩的な内容から授業が行われているのです。

例えば、英語の授業であればbe動詞の使い方から指導する大学もあります。明らかに中学1年生の学習内容です。

実は大学によっては基礎クラス、標準クラス、ハイクラスと英語のクラスをレベル別に設定している大学も存在します。しかしながらFラン大学生に通うような学生の多くは学習内容が少しでも楽であろう基礎クラスに殺到しますので、クラス自体は設定されていながらも、実際には基礎クラスしか開講されないということもあるようです。

jyugyou某F欄大の英語の授業。中学1〜2年レベル。

Fラン大学の教授は、「大学生レベルの授業をやりたいが、そうすると学生が全くついてきてくれない」と愚痴をこぼしてるそうです。

参考:Fラン大学の入試問題が小学生でも解けると話題に
参考:Fラン大学の授業内容に「四捨五入」「アルファベットの書き方」卒業論文は「就職活動で学んだこと」

●学力の問題じゃない!母親に代理出席させるなどマジキチF欄生も

学力が低いだけならまだ仕方がないですが、もはや普通の人間としてあり得ない事をするFラン生もいるのが事実です。

“授業中の居眠りやスマホのゲームは当たり前。なかには、愛犬をつれて授業に来た女子学生もいたという。「注意したら『この子は大丈夫だから!』と逆ギレされたうえ、犬にも吠えられた」(関西私大准教授)

“「体育の講義中、タンクトップにタトゥー姿の学生が何人もいる。ただし、これはシールで周囲にヤバいヤツと見られたいために貼っていたらしい」(Fラン大学・2年生)この2年生の彼も、腕に薔薇十字のタトゥーシールを貼っていて、「ビビッたら負けなんで」とイキがっていた。

「社会人学生だと思っていた中年女性が、引きこもりの息子に代わって出席していただけだった」 (中堅私大S大職員)

大学のテストは、教授によっては「教科書でも何でも持ち込み可」ということもある。これに乗じて「第2外国語の中国語のテストで、中国人留学生を連れてきた人がいる(笑)」(都内私大3年)

参考:Fランは「総合学校」へ格下げすべき

●工学系や情報系の授業は専門性があるため意外とまとも

意外に思われるかもしれませんが、Fラン大学でも通常の国公立大学や私立大学で行われていてもおかしくないレベルで授業が開講される場合もあります。

プログラミングや建築、工業系の授業など、専門性の高いものの場合は割とまともな傾向にあるようです。

専門性が高いものに関しては、高校で学習したものとは別分野の内容であることが多く、Fラン大学で学ぼうが国公立大学で学ぼうが、スタートの段階では同じ条件であるため学習内容にも差が出にくいのです。

しかしながら、その授業内容を実際に理解しているのかという点では、Fラン大学と国公立大学とでは大きく差が出てくるのは言うまでもありません。

あたりまえのことですが、Fラン大学の生徒はただ単位を取るためにその授業に出席しているにすぎず、しっかりと教授の話を聞いて勉強をしようという意識が毛頭ない学生がほとんどです。

またしっかり聞いたとしてもほとんど理解できないといったほうが正しく、結局教授が一方的に講義室で話しているといった構図が出来上がります。

さらに、その講義室は前方になればなるほど人が座っておらず、後方左右に多くの学生が座ります。できるだけ教授から遠い位置に自分の席を確保し、彼らは何をやっているのでしょうか。

勿論スマホです。メッセージアプリで友人とやりとりをしたり、にちゃんねるまとめサイトを読んだり、ゲームアプリ(ポケモンやパズドラなど)で遊んでいます。

ゲーム機で遊んだり、漫画を読みふけっていたり、睡眠時間に充てている学生など様々いるようですが、中には堂々とトランプをする学生も存在します。

参考:日大はFランですか?また、勉強する環境にありますか?
参考:千葉工業大学は俗にいうFランというものなのでしょうか?

●トランプはマシな方・・・最下層のF欄の授業とは?

ehu授業中にトランプ・・・酷い授業風景だと感じずにはおれませんが、実際のところ、このような授業風景はFラン大学の中でもかなりマシな部類に入るといえます。

ひどいところでは教授が授業中にも限らず、大声で友達と話したり、中には授業妨害をしようと大声を荒げる学生や、講師にダーツを当てるドFラン学生もいます。

これでは本当に何のために大学に通っているのか全くわかりませんが、このようなFラン大学があるのも事実です。

Fラン学生に通う大学生の中にも流石にこれはどうかという声が上がることもあるらしく、すべてのFラン大学生がこのような様子であるわけではありません。

一部の人間の行動により、全体のイメージが損なわれるというのは非常に悲しい事ですが、そのような低レベルな人間が過半数を占めているのがFランク大学の実態なのです。

参考:Fラン大学に落ちる人

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ