おすすめ記事

【Fラン大生の実態】ヤバいFランク大学生 エピソード集 その3

【Fラン大生の実態】Fランク大学生 エピソード集 その2の続きです。

「Fラン大生の実態」を募集したところ、実際のFラン大生関連経験談が集まりましたので、当記事にまとめています。

なお、数々のエピソードはFランク大生やその関係者から寄稿頂いたものなどをほぼそのまま掲載しておりますので、エピソード自体が「???」というものもあるかもしれませんが、その点はご了承ください。

●千里金蘭大学の実態(Fランエピソード):

女子がケバくてケバくておよそ大学に来るような恰好をしてこないないので、別名は丘の上のキャバレーだった。

私は地方から出てきたこともあり初耳で「丘の上のキャバレーって何?」と聞いてもみな口をそろえて「金襴のことやん」と返され「金襴ってなんなん?」と聞いたら「丘の上のキャバレーやん」のループ説明があった。

●帝京大学の実態(Fランエピソード):

どこの大学も同じかとは思うが、期末試験で座席が自由となっている試験は大体縦列が仲間。

1番前が勉強ができるやつ。

それを後ろの人間がカンニングし、どんどん後ろに流していく。

しかし、1番前のやつがわからない問題はそれぞれが考えるので、点数にはバラつきがある。

パンフレットの主な就職先の欄。

名だたる優良企業が名を連ねているが、半数はスポーツ推薦もしくは、スポーツ実績がある人間の特別枠採用。

通常のルートでその企業に行くとすれば、相当な努力と実績が必要。就職率は80%ほど。

期末試験がない講義。講師は毎回遅刻をしてくる。教室は黒板から1番後ろまでは15m〜20mほどある。

1番後ろの席群は完全なる無法地帯。カップラーメンを食べるやつ、トランプするやつ、椅子の上で横になってなるやつ。などなど。

しかし、レポートが中々難しいテーマ。しかし、テーマは例年同じ。過去に誰かが出したレポートをそのまま出すだけで単位に取れる。

参考:帝京大学ってFランじゃないですよね?帝京の評判が頗る悪くて困っています。



●北海学園大学の実態(Fランエピソード):

1、2年生のうちは遊びまくり、3年生になるとやりたいことが見つかったなどと言って人が急激にいなくなります。

それも大学の専攻に全く関係のないアパレルの販売員になったり、結局フリーターになったりと後先考えずにあっさり辞めていく人が多いです。

●札幌学院大学の実態(Fランエピソード):

やる気は無いけど「大卒」という肩書が欲しいお金持ちのお坊っちゃんが一定数やってくるので、彼らは卒業さえできればいいや、と気楽に構えています。

彼らは日頃の遊びの成果なのか一様にコミュ力があるので、教授と仲良くなり単位をオマケしてもらっていました。

●日本文理大学の実態(Fランエピソード):

日本文理大学の男子学生と、付き合っているわけではなかったのですが、夏の夜にグループデート的なことをしました。

車を運転していた男子学生は無断駐車禁止の広場に車を停めていたみたいで、しばらくすると警備員さんがこちらに声をかけて来ました。

するとその男子学生は警備員さんから逃げるように車を発進させたのですが、出口を間違ってチェーンのかかっている方に来てしまいました。

するとなんと、そのままアクセルを踏み込んでチェーンをブチ切って駐車場から脱出し、「イエーイ」と叫び始めました。

●九州産業大学の実態(Fランエピソード):

受験した際に他の大学だったら用紙が配られる1秒前まで教科書にかぶりついて最終チェックをしているが、この大学では私の周りはほぼ誰も教科書を開いておらずぼーっとしていて本当にこれが試験前かと疑うほどだった。

そしていざ結果発表を見ると私の周りは全滅していた。そりゃそうだろうと思った。

●九州国際大学の実態(Fランエピソード):

大学生の父親がマージャン賭博に明け暮れて、ついには大学生の学費まで全て使ってしまったせいで家に借金取りが来るようになり、母親は自分の貯金からお金を払い借金取りに帰ってもらって、その学生はアルバイトをしながら大学に通う羽目になった。

*これは本人は何も悪くない気が・・・というかアルバイトしながら大学に通うのも普通では・・・。

この同級生?の寄稿者の方が感覚おかしいと思います。

●西南女学院大学の実態(Fランエピソード):

試験でペンケースの上に堂々とカンニングペーパーを置いている子は指定校推薦枠で入学した子だった。

そんな子をよく学校代表として推薦できたなと呆れる。排出した高校もそうだがそれを受け入れる大学も大学だと思う。

●帝塚山学院大学の実態(Fランエピソード):

卒論の口頭試問でのこと。あらかじめ用意されていた、ありきたりな質問を先生が出し、簡単にそれに答えていったあと。

先生が「で、この論文どこからどこがコピペなの。それだけ教えて」と。もうコピペありきで行われる卒論。どうしようもないなと思った。

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ

にほんブログ村 受験ブログ 受験情報へ
Pocket