地方のFラン大学は都会のFラン大学よりもさらに酷い? 地方Fラン大学の実態


5チャンネルなどではFラン大学をMARCH未満と定義している例もありますがFラン大学とは一般的には偏差値が低く試験を受ければ大体受かるような大学のことを指しています。
特に東京や大阪などの大都市にではなく実際は地方の大学にFラン大学は多く分布しています、そして今回はこの大都市ではなく地方のFラン大学について話したいと思います。

●地方Fランの就職先

地方のFラン大学の場合就職先はパチンコ屋、スーパー、家業を継ぐなどのケースが多く、また就職先が見つからずニートになるというケースが多いです。

一方都会の場合はFラン大学でも中小企業に就職できることがよくあります、これは地域内に存在する企業の絶対数の違いです。どうしても地方は企業の数が少なくなり就職を希望しても就職先が見つからないということがよくおこり結果的に先のような就職先が多くなるということです。

●地方Fランの授業

地方のFラン大学の場合は授業や学校のサポートにあまり力を入れていないケースがよくあります。これは地方での大学の数が少なく大学間での競争が起きにくく結果的に大学側が多少手を抜いたところで学生は入学し経営が維持できるからです。

また地方のFランの場合は都市部と比べ同じFラン大学でも学生の質が異なることから授業に参加することに対する意識の低い学生も見受けられるのが原因としてあります。

●地方Fラン大学に入学するメリット

実際のところ高い学費を払ってまで地方のFラン大学に通うメリットは大卒の資格を得ることしかありません。地方ではなく都市部のFラン大学の場合は多少就職先の選択肢が高卒に比べ増えることや初任給が高卒に比べて高く設定されていることなどがあるために一概にFラン大学に行くメリットがないとは言い切れません。地方のFラン大学の学生が最終的に都市部で就職先を見つけるのであればFラン大学に行くメリットというものが生まれるかもしれませんが実際のところ高い学費を払ってFラン大学を卒業しても得られるものは少ないとおもいます。

 

地方のFラン大学は都市部に比べて立地の面や費用対効果の面で劣っていることがほとんどです。Fラン大学に入学しないことが一番ですが、もしFラン大学しか合格できなかったらなるべく都市部の大学に入学する方が良いのではないでしょうか。

●受験生にオススメのページ&サイト

大学のパンフ請求で「1000円」もらおう!
通学不要のサイバー大学って実際どうなの?
新聞奨学生で親に頼らず大学へ進学しよう!
奨学金を知って、自分に合ったプランを探そう。
一人暮らし希望なら「学生マンション」がオススメ

●こんな記事も読まれています

●今、あなたにオススメ

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ