おすすめ記事

Fランク大学就活生が体験するあるある 実態まとめ



Fラン大学は学歴フィルターで切られるというのは有名な話ですが、それ以外にも多くのあるあるな傾向があります。

Fラン就活生にアンケートを取った内容を元にまとめてみました。


学内説明会に来る企業に大手がなくて凹む

とりあえず学内説明会に出るか!と大学主催の説明会の企業一覧を見て愕然。

全部知らない企業で自分の大学がF欄であることを思い知った学生は多かったようです。

参考:就活対策で出版しよう!本を出版する5つのメリットを教えます

筆記試験が通らない

勉強が苦手なFラン大生が最も苦労するのが筆記試験です。

Fランク大学の学生でも当初は高望みをして有名企業を受けるので、結果筆記試験で全落ちし、「俺なんかダメだ・・・」と落ち込んでしまうケースが良くあります。

面接で場数をこなしたいのに面接に行く前に落ちる

上記の通り筆記試験も落ちますが、併せてエントリーシートをいくら送っても通らず面接に進めないケースが良くあります。

従ってモチベーション高く面接の練習をいっぱいこなすためにたくさん応募したF欄学生が、結局面接の場数をこなせないというのは良くあるようです。

面接の練習は実際の企業の面接ではなく就活支援会社などを活用した方が確実でしょう。

参考:無料で面接練習?就活支援会社を活用して効率的に内定をゲット!

面接の自己紹介で大学名を言いたくない

これは最も良く聞くあるあるでした。

大学名を言うと面接官が「どこそれ?」「(Fランか…)」という反応をしてくるので、分かってはいても精神的に傷ついてしまうようです。

他の就活生の学歴が気になる

説明会や面接会で見かける他大学の学生の学歴が気になってしまうことは良くあります。

そこでこっそり持っている資料を覗き見して大学名を推測しようとしたり、ないしは話しかけて会話をしつつ、その学生がどこの大学かを探りをいれてしまうというFランク大学の就活生が、意外なほど多かったです。

自称Fラン(マーチ・日東駒専・産近甲龍)の奴が「俺の大学Fランだからさ」と自虐しているのに腹が立つ

「俺F欄だからさ〜」と言う学生が実はMARCHや日東駒専というケースは良くあります。

このようなケースに遭遇し、内心「全然Fランじゃねーじゃねーか。ふざけんな」とふつふつとした怒りを覚える本物のF乱世は多いです。

参考:グループディスカッション20回受けて20回受かった方法教えます①

他大学の学生とは話したくない

就職活動中期では、自分がなかなか就職活動もうまくいかない中、就活中に会う他大の学生が自分より高学歴だったり内定持ちだったりすることはよくあります。

そのため、自分がヒエラルキーの最底辺であることから逃避したく、他大学の学生を避け出す傾向にあるようです。

残っている企業の情報をググりすぎて時間を無駄に消費する

数少ない「手持ち企業」に関して、あたかも自分が内定をもらえる前提と勘違いしてしまっているのか、時間があればその会社の情報を検索するFラン大就活生は多いようです。

気付いたら1日が終わっていたというガチFランの学生からの体験談もありました。


卒業生の就職先を見て絶望する

自分の大学卒業生の就職先を見て、絶望すると言うのは良くあるケースです。

大抵小売・介護・中小メーカー・工場・外食だそうです。

そうではなくて大企業がFランク大学卒業生の就職実績にある場合でも、実際は一般職だったり、過去10年で遡って1件だけあった就職実績を誇張していたりするので、読めば読むほど色々なマイナスポイントに気付き、精神的にダメージを受けたといった方もおりました。

大学の就職支援課が諦めている

大学の就職支援課が進めてくる企業が軒並み微妙な企業というのは良くあるケース。

俺はもっと頑張っていい企業に行きたいのに・・・と思っていても、思うような協力を得られず、虚しい気持ちになるようです。

参考:就活から見たFラン大学〜企業から見るとFランク大学はどういう位置づけなのか?〜

ブラックには絶対に行きたくない

明らかにブラック以外選択肢はなくとも、世間でブラック企業のヤバさが騒がれているからか、ブラック企業だけはどうしても行きたくないという強い気持ちがFランク大の学生にはあるようです。

しかしながら「ブラック企業とはどういう企業か?」と聞かれると「長時間労働。」くらいのざっくりとしたイメージしかないことが多いです。

とりあえずなんとなくヤバそうな企業には行きたくないという曖昧な基準しか持っていないので、何もかもがブラック企業に見えてくるブラック企業症候群にかかったFラン大生も就活後期には見ることができます。

エントリーした企業の数を自慢し合う

Fラン生A「俺80社エントリーしたぜ〜。内定はゼロ」

Fラン生B「まじか?俺94社。俺の勝ちだなw」

というしょうもない会話が実際になされます。

参考:無料で就活相談に乗ってもらえる?就活成功にオススメの裏技!

TOEICで逆転しようとするが400点程度しか取れない

何処かのタイミングで資格の重要性に気づくFラン生は多いようです。

その結果TOEICを選択するも、500点も取れず、結果自分が英語が出来ないことを履歴書に書いて逆効果になってしまうケースが散見されました。


●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ