Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fランより就職は有利!専門学校の方が就職が良い理由

●専門学校よりマシな学習内容のFランク大学は存在しない:

引き続き専門学校とFラン大学を比較しつつ、Fラン大学の価値について検討していきましょう。ここでは卒業後の就職の面から比較していきます。


結論から言うと、Fランを卒業するくらいなら絶対に専門学校を卒業すべきです。Fランでは大卒の資格を得られるものの、どうせ面接で落ちるのが関の山です。

それなら自分が就職したい職業に直接的に繋がる専門的な内容を専門学校で学んだ方が圧倒的に良い訳です。

文部科学省が公表している就職実績を見てみましょう。大学よりも専門学校の方が圧倒的に就職率が高いことが分かります。東大京大などのSランクも含む上位大学が大学全体の就職率を押し上げていますから、Fランの就職率は30%も無いのではないでしょうか。

1

●スキルがあれば就職出来る…手に職を身につけられる専門学校の良さ:

専門学校は、その名の通り職業に直接的に繋がる専門的な内容を学ぶための学校です。美容師になりたいのであれば美容技術を学び、エンジニアになりたければプログラムやITスキルを学び、映画製作を仕事にしたければ映画制作全般について学びます。

そのため、専門学校卒業時点である程度就職するために必要な基本スキルと知識を身につけることができます。特に就職に直結するような専門的なスキルを学習していないFラン大学卒の人々よりも、就職には有利といえます。

また、専門学校は就職するための技術を身に付ける場所という側面が強いため、長らく続く専門学校の場合はこれまでに数多くの卒業生を輩出し多くの企業に就職させている事実もあります。

そういったことから、専門学校は就職先として生徒に紹介できるような企業との関係を結んでいるところも多く、成績が良ければ学校推薦という形で就職先を紹介してもらえることも多いです。

企業側としても、幹部候補を育てるわけでないのであれば、入社時点である程度業務に生かせるようなスキルを習得してくれている方が、いち早く現場で活躍してもらうことができるというメリットがあるのは明白です。

また、こういった専門的スキルを身につけた職業の人は独立もし易い事も特徴です。

例えば美容師やデザイナー、インテリア事務所やスポーツトレーナーなど、専門学校卒でも手に職があれば 個人事業主としての独立や、時にはビジネスオーナーとなるケースも多いです。

自分が通っている美容室のオーナーさんに経歴なんかを聞いてみると今後の自分のキャリアプランを作る際に参考になるかもしれません。

4年制大学を卒業して就職活動をしたとしてもなかなか就職先を決めることができず就職浪人も多くいる昨今において、就職に直結した技術を身につけることができ、またそれを活かすことのできる企業を推薦してもらえるという専門学校という環境は、就職という観点で考えると非常に恵まれているということが良く分かったと思います。

Fランに入学して人生を無駄にせず、目的意識を持って生きる事をオススメします。

Fランでも一流大学に入るメソッド

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ