Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fラン大学生が大手企業に内定をもらう方法

就職活動という観点からすると、どう考えても厳しい状況といえるFラン大学生ですが、大企業に内定をもらう方法がないわけではありません。大企業に内定を貰いさえすれば、高収入や安定人生も夢ではありません。今回は、Fラン大学生が大企業に内定をもらう方法について解説していきます。


①普通の人がしないような経験を積んでおく

もしあなたが大学1年生か、これからFラン大学に進学する予定の人であるなら、まだまだ就職活動まで時間は残されています。Fラン大学での学問や研究に関してはなかなか強みは見出せませんが、余りある時間を有意義に使うことで、ほかの大学生に対して経験の質でリードすることができます。

 

例えば、ほぼ無一文で世界一周をするとか、スポンサーを自分で探し出して起業してみるとか、部活で全国1位を目指すとか、一般的なひとであればなかなかしないであろう体験や経験に、どっぷりと時間を使ってみるのです。

 

もちろんそこで成果が出るに越したことはありませんが、たとえ結果がさえなくても、自分しかしたことがない経験があるというのは思いのほか大きな強みになります。あとはそれをうまくアピールしていきましょう。

②入りやすい職種を狙う!大企業の子会社の営業職などが狙い目

もしあなたが大学3年生や、ただいま就職活動中のFラン大学生であるなら、先ほどのような時間は残されていないはず。特別な経験やスキルのないFラン生といいう縛りプレイの中、どうやって大手企業の内定を勝ち取ればいいでしょうか。

 

それは、大手企業の子会社、そして営業職を狙うということです。例えば広告代理店や大手新聞社や総合メーカーなど、地方に子会社を抱えている大企業は少なくありません。地方であれば都会の本社ほど競争も激しくないので、人気のない営業職に限っていうとFラン大学生にも付け入るスキがあると言えます。

 

の場合、人と話すのが得意であるということや、人と人をつなげることが得意であるということなど、営業受けしやすい自己アピールを複数用意していきましょう。地方であっても大手企業の傘下であるなら、それはもう大手企業に内定をもらっていることと同義なのです。

●おわりに

いかがだったでしょうか。基本的にFラン大学生を取り巻く就職状況は好ましいものではありません。Fラン大学生というだけで就職で苦労するのはなかば決定しているのです。大切なことはあきらめずに活路を見出していこうと努力すること。諦めてはそこで試合終了なのです。頑張ってください!

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ