Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fラン大学受験の対策と注意点

●Fラン大学を受験する人のための記事です

このサイトの読者でFラン大学を受験しようと思う方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、もしかしたらFラン受験を検討されている奇特な方もいるかもしれません。

そんな方のために、Fラン大学を受験するときのアドバイスや注意点を紹介していきます。


●Fラン受験で大切な事は「遅刻せずに会場に行く事」

まず、Fランク大学を受験する上で一番大切なことは、試験当日に元気に試験会場に行って試験を受けるということです。

その際、絶対に遅刻をしてはいけません。

さすがのFランク大学も、試験を受けずして合格を出すということはありません。中には「アグリーメント試験」という大学と受験生双方が合意すれば合格するという奇跡の試験方法もあるようですが、基本的にはペーパーテストによる入学者選抜が行われるため、遅刻をしたら受ける事が出来ません。朝はいつもより1時間早く起きるようにしましょう。

しかし、その内容は中学生程度の知識があればまず合格点以上を取ることができるであろうというものであり、内容自体に対して準備をする必要はありません(大半は白紙でOKです)。

それよりも試験当日にしっかりと体調管理をすることができるのか、忘れ物はないか(消しゴムや受験票は忘れがちです)、試験会場に時間までに無事たどり着くことができるのか、受験番号を間違わずに記入することができるのか、携帯の電源を忘れずに切る事が出来るのか、このあたりを徹底していけばよいでしょう。

●Fランの入試問題対策:

ちなみに、以下はF欄大学の試験内容に関する考察の抜粋です。どうしても試験内容に対する対策をしたい方は参考にしてみてください(基本的に不要です。白紙で出せば受かります。名前は忘れずに書いてください。本当に、こんなレベルです)。

〜中略〜

国語
そもそも、日本では既に義務教育で基本となる会話力や文章表現力は学んでいるはずであり、大学でもそれほど高度な国語力は求められていない。従って、名前さえ正しく書けさえすれば、解答欄が空白となっていても、不合格となる恐れはない。

公民
みんな現代社会の中で生きているので、現代のことはよく知っているはずであり、当然ながら最低限守るべきルールもわかっているはずである。従って、試験中に騒がず静かにしたまま過ごすことができれば合格となる。

引用:youpedia

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ