Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fラン大学卒業生の典型的な人生の末路3パターンまとめ

このページでは、Fラン大学生の人生の典型例、つまり末路をご紹介いたします。多くの場合は、目も当てられない悲惨な状況になってしまうのです。

 

高校3年生や浪人生などの受験生は、受験に失敗してFラン大学に入学してしまうと、自分の人生がFランク大学の典型例みたいになってしまうリスクが増大するということをこの記事から理解してください。

 

F欄の学生さんたちは、なぜ貴方達がF欄大学生と揶揄されるのかを理解し、そこから脱出するために何をしたら良いかを考える機会にしてください(F欄人生からの脱出の方法は、本サイト7章8章をご覧ください)。


●正社員でも年収200万円以下の仕事にしかつけない

日本人の平均年収は500万円から350万円といったところですが、Fラン大学卒業生の場合は年収200万円にも満たない場合があります。

 

これは初任給ではなく、ある程度キャリアを積んだうえでの年収です。最近の大学新卒の平均年収が200~230万円であることを考えると、Fラン大学生の将来はかなり暗いものであると言わざるを得ません。

 

もちろん本人の資質次第ではもっと高収入の職に就くこともできますが、一般的にはこの枠内に収まってしまうと考えてよいでしょう。Fラン大学生を取り巻く限所は非常に厳しいものがあります。

●フリーター率が異常に高い

Fランといえばフリーター、フリーターといえばFランというくらい、Fラン大学を卒業して就職することなく、フリーターを続ける人が多いと言います。

 

東京や大阪などの都会であれば、週5勤務で20万近く稼げるアルバイトも珍しくないため、「就職しなくてもよくね?」などと盛大な勘違いをしてしまうやからが多数発生してしまうのです。

 

確かに、金額だけを考えると社会人1年目とフルタイムフリーターの金額はそこまで変わらないかもしれません。しかし、社会保険を払ったり、福利厚生があったりと、額面だけでは判断できない差がしっかりと存在します。また、フリーターの場合は何らかの事情で働けない期間の保証が全くありません。若いうちは問題ないかもしれませんが、年をとればとるほど、状況は悪くなっていくのです。

●ニート生活へ突入する典型的なF欄生

Fラン大学生が就職活動をした場合、普通の大学生の就職活動に比べてかなりのハードモードになってしまいます。説明会やインターンシップへの予約さえできず、筆記試験では絶望的な溝をあけられ、グループディスカッションでは圧倒的な知力の差を見せつけられてしまうのです。こういった過酷な現状を正視できなくなり、就職活動からドロップアウトしてしまうFラン大学生も少なくありません。

 

また、立ち直ることができればまだよいのですが、中にはそのままうつ病を発症し、ニートになってしまう学生も存在します。かりにうつ病まではいかなくとも、就職できない現状に変わりはなく、そのまま自宅警備員として就職する学生も現れるのです。ちなみに、これはネタではなく真面目な話です。実例も多いです。

●F欄典型例にならないよう、早めに手を打とう!

いかがだったでしょうか。もちろん、Fラン大学生なりに頑張ってある程度の成功をつかみ取る人も一定数存在します。しかし、大半の人はここぞという時に努力できないからこそ、Fラン大学生としての立場にいるわけです。

 

現状を変えるには、歯を食いしばって圧倒的な努力をする以外、道はないということでしょう。早いうちに出来る努力をして良い人生を送ってください!

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ