Fランで人生が終わった?起死回生の方法について


学歴社会といわざるを得ないのが日本の現状です。

Fランク大学、いわゆる「Fラン」に入学したら、まともな人生を送ることはできないのでしょうか?

 

この点をしっかりと検証していきましょう。

●Fランでも大丈夫!心の持ちかた

しっかりとしたいのは、気持ちの部分です。

卑屈になることは避けてください。

 

いちばんよくないのは「Fラン」であることを過剰に意識すること。

大学名を言うのが恥ずかしいですか?

あなたが思うほど、他人は意識していませんよ。

 

他大学との付き合いで、下を向く必要はありません。

堂々としていればよいのです。

 

そして……。

「Fラン」であったとしても、ひそかに一発逆転を狙いたいところ。

強い気持ちを持って学生生活をおくってください。

●Fランが就職に与える影響について

「Fラン」だと、一流企業への就職はできないのでしょうか?

 

たしかに、有名企業の選考基準として学歴は大切な要素。

「エントリーシート」の時点で、はじかれてしまうこともあるでしょう。

 

「やっぱり、Fランではムリなのか……」

このように感じてしまいますね。

 

しかし、まってください。

人生という長いスパンで考えてみましょう。

 

有名企業に就職できたとしても、定年まで働けるかは不明です。

大学卒の3年以内離職率をみると30%前後。

「仕事の成功」を「人生の成功」とみるならば、ここに逆転の余地がありそうですね。

 

どんなに大企業であったとしても「高いこころざし」がなければ結果を出せません。

中小企業でもしっかりと頑張れば、そのあとの人生は大きく変わりますよ。

●期待される姿勢とは?

ビジネスで期待される姿勢を考察しましょう。

企業は新卒大学生に対して、どのような姿勢をみていると思いますか?

 

答は「任された仕事に対してどれだけ本気で取り組むのか」です。

いったん入社してからは学歴など関係ありません。

 

上司は、仕事に対する本気度をみて「責任のある仕事」を任せることになります。

いいかげんな「仕事ぶり」や、要領ばかりの「追求」はNGでしょう。

 

もしあなたがFランク大学生であるならば、この部分を今から意識してください。

普段の生活をしっかりと見直してほしいのです。

 

勉強に本気で取り組みましょう。

それが学生の本分ですから。

 

部活動やアルバイトも「真剣さ」が必要です。

礼儀やマナーを学ぶ場として大切なところになるでしょう。

 

これらを意識すれば、あなたは必ず成長します。

期待される姿勢を身に付けて、人生の「起死回生」をめざしましょう!

●受験生にオススメのページ&サイト

大学のパンフ請求で「1000円」もらおう!
通学不要のサイバー大学って実際どうなの?
新聞奨学生で親に頼らず大学へ進学しよう!
奨学金を知って、自分に合ったプランを探そう。
一人暮らし希望なら「学生マンション」がオススメ

●こんな記事も読まれています

●今、あなたにオススメ

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ