Fランク大学入学後に気をつけたい事


「受験に失敗した」あるいは「とにかく大学だけは出ておけ」とFラン大学に進学した皆様、いかがお過ごしでしょうか?

 

素敵なキャンパスライフを楽しんでいますか?

 

だらだらと過ごす日々は楽しいものですし、大学生ならではの特権です。

 

けれど、Fラン大であまりにだらだらした日々を過ごしますと、就職などで取り返しのつかない事に…。

 

Fラン大学での生活で、「特に気をつけておきたいポイント」についてご紹介してゆきたいと思います。

だらだら過ごすとマジでヤバい…

大学はそのレベルに応じて、それなりの人が集まってきます。

 

東大は頭の良い(少なくとも勉強はできる)人ばかりですし、中堅の私大には要領の良いタイプが多く集まってきます。

 

一方のFラン大はと言いますと…。

 

元ヤンキーのDQNや、クラスでも選りすぐりのバカなど、やる気も気力も無いような人ばかりです。

 

もちろんそうじゃない人もいますが、それはホンの一握り。

 

Fラン大でだらだらと過ごしていますと、「それが日常」となってしまい、あなたのやる気や気力もそがれてしまいます。

 

そうなってしまうと、就職活動すら行わずずるずるとフリーターへの道を歩む事に…。

 

最悪引きこもりです。

 

若い間はそれでよいかもしれませんが、人は必ず歳をとります。

 

中学で仲の良かった友人がマンションを買ったときに、一方の自分はコンビニでアルバイト…。10年後、それでも良いですか?

留年なんてもってのほか!

親元を離れ、Fラン大に進学した場合にありがちなのが、「自堕落な生活をして授業に出ない」というもの。

 

誰も起こしてくれないので夕方まで寝て、やる事が無いので明け方までオンラインゲーム。

 

朝起きられるわけもなく、夕方に起きて…。

 

単位はゴソッと落とし留年決定。

 

Fランで留年すると、「バカな上にやる気もない」と判断され、まともな就職はできなくなります。

 

ブラック企業にだって断られるレベルです。

 

「留年はしない」コレはFラン大で生きてゆく上で絶対に守るべき最低のラインです。


バイトなどで外の世界に触れておく!

大学生の多くはアルバイトをするかと思いますが、Fラン大の皆様こそバイト先選びは慎重に行いましょう。

 

例えば大学近所の居酒屋やコンビニなどは同じ大学の学生アルバイトであふれています。

 

それでは大学にいるのと同じ。世界が広がらず、おすすめできません。

 

一方で大学をちょっと離れたエリアですと、様々な世代の様々な人であふれています。

 

有名大学のマジメな学生、夢を追う劇団員などなど、いろいろな人や考えに触れる事で、自分の考えや生き方もグッと深まるものです。

 

決してFラン大学内だけにこもらないようにしてください。

長いようで意外に短い4年間

大学生活の4年間、それなりに長い時間ですが、だらだら過ごすとあっという間に過ぎてしまいます。

 

就職活動時に「大学でやったことは?」と聞かれて「なんだろう…」なんて事になっては取り返しがつきませんし、人生の無駄使いです。

 

決して留年はせず、しっかりと外の世界に触れて、きちんとした生活を心がけてくださいね。

 

ちょっとした事の積み重ねが、4年後には大きな差となって表れます。

●受験生にオススメのページ&サイト

大学のパンフ請求で「1000円」もらおう!
通学不要のサイバー大学って実際どうなの?
新聞奨学生で親に頼らず大学へ進学しよう!
奨学金を知って、自分に合ったプランを探そう。
一人暮らし希望なら「学生マンション」がオススメ

●こんな記事も読まれています

●今、あなたにオススメ

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ