おすすめ記事

Fランの美術系大学(美大)卒業後の就職先 一覧まとめ

一般的な大学に通う人にはなじみの薄い、芸術系の大学

音楽大学や美術大学という名前は聞いたことあっても、その実態についてはなかなか知る機会もないと思います。

芸術系の大学の上位であれば、ピアニストや画家など、色々考え得る就職先はありますが、Fランの芸術系大の大学に行く人は、一体どういったところに就職しているのか、想像もつかないと思います。

一体彼らはどのようなところに就職しているのでしょうか。今回は美術系のFラン大学について、調べてみました。(音楽系の大学についての記事はこちら)


文星芸術大学の場合:

文星芸術大学の過去の就職実績のページを参考に、Fラン系美大の就職実績をみてみましょう。
(参考:http://www.bunsei.ac.jp/sys/campus/career-data/)

順に見ていきます。

●デザイン、写真、広告代理店、工芸関係:

まず、上記はデザイン制作、写真、広告代理店、工芸関係と記載がありますが、どこも聞いたことがない会社であることが分かります。

なお「20xx年の就職先」ではなく「これまでの主な就職先」と記載があることに注意してください。

恐らく、単年度の就職先のみを記載すると就職先の名前もその総数も悲惨なことになるので、過去の有力な就職先を並べたものの、ほぼ全て有名企業はなかった・・・というのが現実だと思われます。

従って、この時点で、Fランの美術大に行くのが危険だということを理解してください。

ただし、いずれにせよ、業界的に美術系の勉強をしてきた学生が、多少なりともその能力を発揮出来そうな業界に就職することは出来ているという事実は分かります。

●漫画業界:

漫画業界で働くことが出来ている人が多いのは、ある意味夢を叶えているので良いことかもしれません。

しかしほとんどの人が激務薄給であることは覚えておいて下さい。

●印刷、CG、ゲーム、映像制作、公務員:

ゲーム業界、映像制作などの業界は、これも確かに大学での学習内容と多少は関連しているという意味では良いかもしれませんが、この業界も超激務薄給のブラック業界ですので、恐らく就職後苦労していると思われます。

美術館、博物館、学校などに就職出来た方々は、この大学からはかなりの成功者と言えるかもしれません。

しかしながら他業界と比べて具体的な就職先の数が少ないので、恐らく1学年から2-3人程度しかこのような就職先に就職出来ていない可能性が高いですね。

●製造、販売、サービスなど学習内容と全くもって無関係な業界:

製造、販売、流通、サービス、不動産、派遣、エンタメの業界が明らかに最大多数ですね。

大手家電製品店や、パチンコ屋、派遣勤務などがずらりと並んでいるので、恐らく、大学を出ても、高卒でも就職を出来る業界に就職せざるをえないというのが現実だと思います。

また、Fラン美術大卒の半数は就職出来ずニートになっているとも言います(実際に文星芸術大学も就職率を公表してないようなので信ぴょう性はあります)。

ただし、これは「就職できない」だけでなく、「就職しない」という人も含まれています。

卒業して就職をしてしまえば、自分の好きな創作活動に十分な時間を費やすことができなくなります。

そのような理由から、芸術系大学・美術系大学などではそもそも就職を希望しない人も多い、とも言われています。


●まとめ:

Fランの美術系大学を卒業すると、大半は就職出来ず、就職出来ても派遣やパチンコ店など関係のない就職先になることが多いです。

デザイン制作会社、写真会社、広告代理店、工芸関係企業、CGクリエイター、映像制作、漫画アシスタント、印刷会社、製造系企業といった就職先もありますが、その大半はブラック企業で、ホワイト企業である美術館、博物館、図書館、学校、役所などに就職できる人は一握りです。

従って安易に進学しないか、事前に徹底した就職準備をすることをお勧めします。

●就職に成功する方法について:

美術系の仕事は就職が難しいように思えますが、実際のところ、美術関係の仕事はインターネット社会の進行に伴い増加しています。

従って、早めにどのような求人があるかを事前調査し、彼らがどんな人材を求めているかを理解した上で応募すれば、しっかり就職可能なのです(Fランの美術系大学の人は、それを怠っているということですね)

求人数の多い求人サイトにまずは登録して、とにかく早い段階で仕事をリサーチして見ることをお勧めします(実際に色々見てから決めた方がより良い決断ができます)。

例えば、広告・Web・マスコミ・デザイナー希望の場合は、求人数が多いマスメディアン
登録することをお勧めします。→ 登録はこちら

他にも、就職のアドバイス記事が本サイトには多くありますので、こちらも参考にしてみてください!

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ

にほんブログ村 受験ブログ 受験情報へ
Pocket