おすすめ記事

Fランク大生が就職活動で成功する最強の面接対策法とは?


新卒エージェントとは?

新卒の就活生のキャリア相談に乗った上で、エントリーシート作成面接練習企業紹介などを無料で行い、学生を内定に導くサービスのことです。

新卒エージェントは内定先の企業から収益を貰っているため、学生の費用負担はありません

この記事で伝えたい内容は、この就活エージェントを活用して、就活の準備をしっかり行えば、Fラン大生でも余裕で就職に成功するということです。

参考:無料で面接練習する裏技教えます!就職支援会社を利用して効率的に内定をゲットしよう!

なんでFラン大生でも就活で成功出来るのか?

Fラン大生は元々就活市場では弱者ですが、加えて就活に対する準備も高学歴と比較すると不足しています。

そのため当然就職活動で苦戦し高卒でも入れる職場に就職する羽目になるか、フリーターやニートが関の山です。

しかしながら、実際のところ、しっかり就活の準備を行なっていそうな高学歴でも面接の練習までは行なっていないことが多いのです。

人間、スマホをいじって情報収集するのはすぐに出来てもわざわざ他人と約束して面接練習をするのは中々ハードルが高いです。

そこでFラン大生の皆様にはしっかり面接の練習をして欲しいのですが、社会人経験もあって適切な面接練習の相手役をしてくれる人を探すのは大変です。

そこで無料で活用できる新卒エージェントを利用して面接練習をすればお得でしょう、というのがこの記事の主旨です。

新卒エージェントに登録した後の具体的な流れと面接対策の活用の仕方

就職エージェントneoキャリアチケットといった新卒エージェントが有名で評判も良いです。

■公式サイトはこちら:
キャリアチケット 
就職エージェントneo

*2社とも登録しておき、両方の面接練習サービスを活用する方が効率が良いです。

これら新卒エージェントに登録すると、まず登録した会社のオフィスを訪問することになります。

そこで、1-2時間程度、就職コンサルタントと就職面談を行います。

そこではあなたがどんな職業に就きたいかはもちろん、学生時代の経験や価値観、強みや弱みなどを細かく洗い出していきます。

その上で就職エージェントはあなたにオススメ出来る企業、ないしはあなたにあった企業を紹介してくれます。

当然そこで終わりではなく、内定が取れるようにES添削グループディスカッション対策面接練習などを行なってくれるのですが、この面接練習が肝です。

この面接練習を活用し、何度も何度も利用させてもらってください。

実際の企業の面接をたくさん受けるからいいよという人もいますが、実際の面接ではフィードバックを貰えません。

だからこの面接練習が重要になってくるのです。

実際、最近では『こんな良いサービスは使わないと損だ』と早稲田や慶應の学生でも使っている人がいるようですが、まだまだ使っていない人の方が多いです。

何度も言いますが、面接の練習は一番重要にも関わらず、徹底的に行なっている人が一番少ないパートです。

競合が少ないうちに是非このサービスを活用し、面接対策を繰り返すことで、圧倒的に他の就活生に差をつけてください!

以下に新卒エージェント(キャリアチケット )を利用した先輩方のインタビューを掲載しましたので、こちらも参考にしてください。

■こちらから面接対策を申し込めます。
キャリアチケット 
就職エージェントneo

最終的にどこに就職しますか/就職する予定ですか?

ヨージロー(国学院大学)
社内規定に抵触する恐れがあるため非公開希望しますが、最大手の住宅会社です。

基博(横浜国立大学)
会社名は公開出来ませんが志望通りの企業です。

まりこ(城西大学)
東海理化です。

あゆみ(青山学院大学)
株式会社ルミネです。

早希(札幌大学)
日本生命です。

キャリアチケットを活用しようと思った理由を教えてください。

ヨージロー(国学院大学)
同じサークルの友人がこのサービスを利用していたため。

基博(横浜国立大学)
就職のプロの方にアドバイスを受けながら就活をしたかったためです。

まりこ(城西大学)
どんな職が自分に向いているのか分からない中、友人たちがどんどんと希望の就職先を見つけて就活に励んでいるのを見て、焦りと不安を感じたためです。

あゆみ(青山学院大学)
一人ひとりに寄り添ったサポート、的確なアドバイスが魅力的だと感じたから。

早希(札幌大学)
漠然と首都圏で生活したいという気持ちを持っていたので思い切って上京した際、キャリアチケットを利用していた友人に教えてもらいました。

自己分析を手伝ってもらったエピソードを教えてください。

ヨージロー(国学院大学)
カウンセリングを通して自分自身の強み、弱みを客観的に知り、就職活動において強み弱みをいかに活かせるかを徹底的に相談しました。当初私は就職活動で最も重要なことは企業研究だと考えており、その企業の求める専門性を身につけるために資格の勉強をしていました。しかしカウンセリングを経て、その業界では就職活動時点で専門的な知識は一切必要がないことを知り、面接に対する準備の仕方が大きく変わりました。

基博(横浜国立大学)
個人的には自己分析が一番役に立ちましたね。経験豊富なアドバイザーのお陰で、自分がどういう仕事に向いているのかを自分自身で把握することが出来たので大変嬉しく思ってます。また、自分がどういった面が不足しているのかを把握することが出来ますので、就職活動を成功させるために、経験豊富な社会人複数人に徹底的に自己分析を手伝ってもらうのは必要不可欠です。

まりこ(城西大学)
自己分析では、自分は何が得意で不得意なのか、向いている職業は何なのかを知る必要があります。そこで、キャリアチケットの専門の担当の方に直接伺ったり、同じように悩みを抱えた学生たちが集まってグループになって話し合う機会を作ってもらいました。そのお陰で少しずつ自分について客観視できるようになりました。

終的にどこに就職しますか/就職する予定ですか?

模擬面接/面接練習のエピソードを教えてください。

ヨージロー(国学院大学)
実際の模擬面接では、今までどのように生きてきたか。他の人とは違った変わったエピソードはあるか。聞かれた質問に対して会話がスムーズに成立しているか。を重点的に練習しました。採用担当の人事のかたは数百人数千人と就職活動生を見てきているため、いわゆる大多数の模範解答は聞き飽きているそうでアピールにならないということを教わりました。

基博(横浜国立大学)
私は面接が苦手で、これまで言うことを事前に記憶して、本番に挑んでいたのですが、本番になると真っ白になって暗記したことを忘れてしまうことがよくありました。そこで何度も面接練習をこなさせていただき、間違っている所、気を付けなければいけないことを指導して頂きつつ、最終的に緊張せず話せるような準備が十分出来るまで手伝って頂きました。

あゆみ(青山学院大学)
キャリアチケットのアドバイザーの面接サポートは素晴らしく、アドバイスを活かして場数を踏むことで自信が付きました。

早希(札幌大学)
面接練習では特に「ありきたりな定型部」や「取り繕った言葉」に指摘を入れてもらいました。担当アドバイザーには「ありのままを素直に表現する事が何より大切だが、それをいかに自分の言葉で説明するかが大事」と教えて頂き、何度も練習に付き合って頂きました。私の担当アドバイザーさんは忌憚無い方で「そのままの受け答えでは、この先も内定をもらうことは出来ないでしょう」という鮮烈なお言葉で発破をかけて頂きました。

参考:就職支援会社を利用して効率的に内定をゲットする方法!

何が一番役にたつサービスでしたか?

基博(横浜国立大学)
面接と企業研究のサポートです。面接については先に回答した通り何度も練習できたのが良かったです。企業研究については、実際に企業に面接を受ける前に必要になりますが、キャリアチケットではどんな企業かを細かく教えてくれるので、企業研究をしっかりとすることが出来ました。また、会社に入ってどんなことをしたいのかを考える手助けも親身になって対応してくださいました。

まりこ(城西大学)
情報収拾の手助けとカウンセリングです。希望の企業の情報をキャリアチケットの担当の方に調べて頂き、働きやすい環境なのか、ブラック企業とかではないかなど、毎週カウンセリングのような形で色々と相談に乗ってもらいました。全てに丁寧に受け答えして下さったので、より情報収集が出来てよかったと感じています。

あゆみ(青山学院大学)
カウンセリングです。キャリアチケットでは採用企業を熟知したカウンセラーがマンツーマンで対策をしてくれます。私は商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)系への就職を考えていたので、それを早い段階でカウンセラーに伝えておきました。面接がある1ヶ月前からカウンセラーと具体的な対策を練り、あらかじめいくつかの作戦を考えていきました。これが上手くいった要因だと思います。

早希(札幌大学)
親身に相談に乗ってくれたこと思います。なかなか自分に自信を持つ事が出来ずくすぶっていたのですが、不安や憂鬱を丁寧に汲み取ってもらい、有難いアドバイスを沢山頂きました。なぜ就職したいのか。どんな働き方をしたいのか。根本を見つめ直し、前向きに就職活動をしていこう前向きな気持ちになる事が出来ました。利用者に寄り添い、相談しやすい環境を作って頂きました。

キャリアチケットを利用して就活はうまくいきましたか?

ヨージロー(国学院大学)
結果としてとてもうまくいきました。実際の面接ではこちらから話を投げかけることで会話をつなげるある程度の準備が出来たのが特に役に立った点です。また、ありのままの自分自身を出すことで精神的にも楽に面接をすすめることができました。

まりこ(城西大学)
はい。結果として2社の内定を頂くことができました。まず、情報を多く得られたお陰で、行きたい就職先を幾つかピックアップすることができました。また、お陰で面接指導なども受けられたので、企業ごとに合う正しい受け答えの方法を学び、面接に挑む事ができました。1つは行きたかった企業だったので、そちらを選ぶ事ができて本当に良かったです。一番気にしていたESも完璧で、素敵な職場環境で働けています。

あゆみ(青山学院大学)
個人的にはキャリアチケットを利用した結果就職活動は上手くいった方だと思います。希望する企業に就職することが出来て、目標はクリアすることが出来ました。個人的に就職活動で一番大切なのは「面接対策」だと思います。ここで一番差が付きます。

早希(札幌大学)
面接練習をかなりの回数こなしたので、自分の弱みや苦手な質問を徐々に克服する事ができ、実際の面接はあまり緊張せずに臨むことが出来ました。練習で失敗し、それを克服出来たという事がかなりの自信になりました。

キャリアチケットを活用するかどうか考えている方にアドバイスをお願いします。

ヨージロー(国学院大学)
利用することで全体の視野が広がり面接時において特に有利に立てます。また事前に練習をしておくことである程度のアドリブに対応ができます。少しでも気になったらまずは利用してみて、そこから考えるのが良いというのが私からのアドバイスです。

基博(横浜国立大学)
新卒の方であれば、極力キャリアチケットを使うことをおすすめします。担当の方は、就職に関しての専門の方ですので、ここの方にサポートしてもらうことで、就活を短期間で済ませることが出来ます。キャリアチケットのスタッフは、多数の企業の人事の方とつながりがありますので、面接には有利なのです。

まりこ(城西大学)
キャリアチケットを利用して本当に良かったと思っています。そうじゃなければ自分がどの職に適しているのか分からないまま適当に就活に入っていたと思うので、内定の企業に就職しても長く続かなかったと思います。でも、自分を知って自分に合う環境の職場を選べば楽しく働くことが出来ますし、納得のいく未来に繋がると思うので、まずは自分を知るためにもキャリアチケットを大いに活用することをお勧め致します。

あゆみ(青山学院大学)
キャリアチケットで何度も面接対策をすることで、「ここまでやったんだから大丈夫」という自身が生まれました。この自信が自然な表情や凛とした姿勢につながったと思います。やはり早い段階で準備を済ませておくべきです。

早希(札幌大学)
利用して良かったです。利用者に寄り添い、親切丁寧に対応してくださる有料就活サイトだと感じました。非公開求人も多く、選択肢が広がる点もおススメです。就活という難題の手助けをしてくれる有難いサービスだと感じました。

■こちらから面接対策を申し込めます。
キャリアチケット 
就職エージェントneo


●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ