Fランクに悲観するな!就職に必要なスキルとは


「Fランク大学に入学してしまった……」。

悲しい気持ちになっていませんか?

 

お気持ちは分かるのですが、けっして悲観する必要はありませんよ。

なぜならば、「就職に必要なスキル」を身に付けることで、バラ色の人生が待っているからです。

 

この点にスポットをあてて解説しましょう。

●Fランと就職の関係性について

Fランク大学、いわゆる「Fラン」卒業生は、大企業への就職ができないのでしょうか?

 

答は「ノー!」です。

 

たしかに、「学歴フィルター」をもつ企業の存在により、「Fラン」がはじかれてきたのは事実。

しかし、フィルターは徐々に緩やかとなってきました。

 

その背景として、若年層の労働力減少が挙げられます。

「学歴」だけで排除しては優秀な人材確保が難しいのです。

 

現在では、「就職に対する本気度」が大切とされており、大企業・一流企業・上場企業への就職をめざすならば、「スキル」を磨くことが重要となります。

 

この点をつぎの項目でさらに掘り下げましょう。

●就職に必要な2大スキルとは?

まず基本的な「スキル」として挙げられるのが「IT関連」です。

いまや多くの企業で「ITスキル」は必須とされます。

 

「ITスキル」には「ワード」や「エクセル」などの「OAスキル」が含まれ、学生時代に身に付けておかなければならないでしょう。

 

就職してから初めてパソコンに触るようでは問題外ですよ。

当然ながらこの点は企業面接で確認されます。

 

さらにプログラミングの初歩を学んでおけば、おおきなアピールポイントになります。

「ITスキル」の習熟は、一歩進んだ就職活動のコツといえるでしょう。

 

もうひとつ重要とされるのは「TOEIC

いまさらですが「TOEIC」とは「Test of English for International Communication」の略称です。

 

これは和訳すれば「国際コミュニケーション能力テスト」となり、世界共通テストである点に特徴をもちます。

 

「TOEICスコア」は合否を左右するものであり、グローバル企業への就職を望むならば、必須項目であることを意識しましょう。

●就職活動でのスキルアピールについて

注意したいのは「過大アピール」。

面接官から聞かれてもいないのにペラペラと資格を誇示するのは禁物です。

 

履歴書に書き込んであれば面接官には十分に伝わります。

業務内容に密接な資格であれば、面接官から質問があるはず。

そこでしっかりと資格に関して話をすればよいのです。

 

それよりも、どのような努力で資格取得をめざしたのかを話してみましょう。

それこそが就職面接には大切でしょう。

 

自分の性格や人物像をいかにして相手に伝えるか……。

それが重要ですよ。

●受験生にオススメのページ&サイト

大学のパンフ請求で「1000円」もらおう!
通学不要のサイバー大学って実際どうなの?
新聞奨学生で親に頼らず大学へ進学しよう!
奨学金を知って、自分に合ったプランを探そう。
一人暮らし希望なら「学生マンション」がオススメ

●こんな記事も読まれています

●今、あなたにオススメ

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ