Fラン一発逆転!医学部再受験で合格できるの?


Fランから一発逆転する方法として、再受験をして医師になるという方法があります。

 

公認会計士や税理士など大学に入り直さなくても取れる資格で一発逆転する方法もありますが、今回は医学部に合格する方法をご紹介いたします。

 

Fランからでも医学部に合格できます!

●Fランに入学したのはただ勉強時間が少なかっただけ

世の中には勘違いしている方もいますが、大学受験程度の試験で地頭の良し悪しが問われることはありません。Fラン学生の大部分は、ただ単に勉強時間が少なかっただけです。

 

また、勉強方法に問題があった人も中にはいるでしょう。「いつ・どのくらい・何を・どのように」勉強するのかが重要です。受験勉強を開始する前にゴールまでの道筋をイメージして計画を立てるだけで、結果は大きく違ってきます。

 

●数学と英語の攻略が鍵

数学が得意科目な方は医学部合格の可能性が比較的高いといえます。理科・社会に関しては苦手でもあまり関係ありません。集中して勉強すればある程度は短期間でできるようになります。あるレベル以上の力がついたら入試であまり差がつかない科目だからです。

 

医学部合格で最も重要な科目は数学、その次に英語です。どの医学部を受験するにしてもこの2科目が足を引っ張るようだと合格は難しくなるため、優先して勉強しましょう。

●志望校を決めよう

志望校を2~3校決めますが、出来るだけ科目別の配点が似ていて、科目別の難易度が近い大学を選びましょう。第一希望に数学の配点が高い大学を選んだら、第二希望の大学も数学の配点が高い大学を選び、第一希望に理科の難度が低い大学を選んだら、第二希望にも理科の難度が低い大学を選ぶようにすると勉強しやすくなります。また、不正入試を行っていると噂がある大学は避けた方が良いでしょう。

 

志望校を決めたら、数学と英語の配点と難度を確認してください。国公立大学の医学部の入試問題は他の学部と同じ問題が出題されるため、ごく一部の大学を除けばそれほど難度は高くはありません。

 

入試で差が付きやすいのは英語よりも数学のため、志望校の英語の配点がよほど高くない以外は数学中心に勉強していった方が良いでしょう。

●勉強は2年計画で立てる

Fラン学生の平均学力は、学力が高い高校1年生以下のため2年で合格することを目指します。最初の1年は、数学と英語をとりあえずマーチレベルまであげることができれば大成功です。数学と英語の学力がマーチレベルまであがるまで他の科目は勉強する必要はありません。

 

数学と英語は学力をあげるために時間はかかりますが、1回学力が付けばそれほど勉強しなくても落ちにくいものです。しかし、理科などは短期間で学力はあがるのですが、復習しないと学力を維持するのが困難な傾向があるため入試の1年以上前から勉強をすると効率が悪いのです。

 

予備校に通うにしても、個別指導やオンライン家庭教師を選択するにしても能力の高いプロに指導してもらうことをおすすめします。

 

ひとりで勉強すると、効率が悪いだけではなく余程の心構えがないと怠けてしまう傾向があるためおすすめできません。

 

●一発逆転には強い意志が必要

2年間毎日8時間勉強できれば、Fラン学生でも医学部に合格できる可能性はかなり高いでしょう。Fラン学生が一発逆転するには強い意志が必要になります。

 

Fラン学生は頭が悪いわけではなく勉強ができないだけです。医学部に合格することは、他の難関資格試験に合格するよりも比較的楽かもしれません。強い意志を持って臨めば必ず医学部に合格でき、これまでの評価を180度変えることができるでしょう。

 

 

 

●受験生にオススメのページ&サイト

大学のパンフ請求で「1000円」もらおう!
通学不要のサイバー大学って実際どうなの?
新聞奨学生で親に頼らず大学へ進学しよう!
奨学金を知って、自分に合ったプランを探そう。
一人暮らし希望なら「学生マンション」がオススメ

●こんな記事も読まれています

●今、あなたにオススメ

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ