Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

玉の輿に乗る!Fランク大学に入ってしまった女子が人生逆転するためには秘書検定を取れ!

hisyo

●Fランの実態その後のひどい人生・・・そんなのは嫌だ!

Fランク大学に通っている間は、周囲の人も同じFランク大学の友達だったり、同じレベルの人に周りを囲まれています。

従って社会一般からどのような目線で見られているか気づく機会がに恵まれない人も多いようですが、実際のところ、低年収、低肩書、蔑みが一生続いてしまいます。

そんな人生を送りたくはないですよね。そんな方のために、あまり努力せず成功する人生逆転の方法をここで教えますので、Fラン女子の方は必見です!

その方法は、大企業のサラリーマンを捕まえること。

実際に管理人のまわりをみていても、年収1,200万円の東大卒と、5歳年下の目白大卒の女性との結婚など、わりとよく見かけます。社会人なら分かると思いますが、みなさんの周りでもそうではないでしょうか?

F欄女性からすると、大企業エリートが誘惑してきても、遊び目的だと思ってしまうことが多いかもしれません。実際に大企業の総合職の男性サラリーマンは、合コン三昧の生活を送っている人も多いです。

たしかによく遊んでいる人も一部はいますが、大企業にいるほとんどは高校卒業まで勉強ばかりしてきたモテない男です。大学でもモテず、その頭の良さで大企業に入るものの、出会いもなく黙々と仕事をして、お金がたまっていくいわゆる人間ATMです。

しかしながら、こういう男性の中には誠実で努力家の男も多いです(勉強や就活は努力して成功しているので、努力はできる人間なのですが、何故かモテることに関連するジャンルで努力をしない人たちです)。

つまり、現時点では彼氏としてNGでも、夫としては素晴らしい相手になりうる男たちがたくさんいるわけです。

超エリートかつ高年収、真面目で誠実な男性をつかまえれば、今後の生活も安泰。Fラン女子がこれらの男性と出会い、落とすにはどうしたら良いのでしょうか?

参考:Fランから逆転する方法 優良企業に入社する
参考:Fランク大学一覧表


●女子だけ使える日本特有の就職システムに目をつける方法

エリートサラリーマンを捕まえる最も良い方法、それは、エリートサラリーマンがいる会社に就職する事です!あたりまえですが、出会いの数は100倍にも1000倍にもなります。

ここで、Fランの皆さんは、そんなことはできない、と思うかもしれません。しかし、実は、Fラン女子でも大企業に簡単に入る方法があります。

それが一般職

一般職として名だたる大企業に入社し、そこで総合職として働いているエリート男性と出会うのが最も妥当な方法と言えるでしょう。現実でも、F欄女子が、大企業の一般職や事務職として採用されたり、アルバイトや派遣で登用されている事も多いのです。

とはいえ、一般職といえども、有名企業となれば、東大早慶との玉の輿結婚を狙う、マーチレベルの女子との競いあいであり、言うほど簡単ではない場合もあります。

そこでどうするのか。

一般職に必要とされるスキルを就職の面接の場で示せば良いのです。

それでは、一般職に必要なスキルとは何でしょうか?

一般職とは、いわゆる事務職のことです。事務の仕事の内容は、入社してから身に付ければよく、面接で見られるのは「ビジネスマナーがあり、礼節をわきまえて、心象がよい女子なのかどうか」ということになります。

つまり、ただしい敬語、たちふるまいなどの基礎の基礎が最重要となってくるのです。一般職の中でも花型である秘書の仕事をイメージすれば分かりやすいですね。秘書に求められる能力は、まさに一般職に必要な能力です。

しかしながら、学生風情で生きてきた人間、マーチレベルであってもこのようなスキルをしっかり身に付けていない女の子は多いです。だからこそ、この基礎を先に学んでおくだけで、マーチレベルの女子など簡単に淘汰できるわけです。

参考:【必読】Fラン脱出人生逆転! ハイレベルな資格を取得しよう!


●Fラン女子こそ就活の前までに秘書検定を勉強しておけ!

このようなものをざっくり身につけるためには秘書検定が有効になります。

企業にもFランにもかかわらず「しっかり勉強した」「基本的な素養がある」「失礼のない対応ができる」「努力できる」といった評価に繋がります。

就職にあたって、SPIや面接での質疑応答などに目が行きがちですが、それにかかる時間を考えたら、秘書検定を受けた方が楽で効果はでかいです(そしてみんなやらないので差別化要因にもgood)

秘書検定は、3級であればネットでも効率的に学習できます。

ざっとさがしたところ、例えば以下の様なサイトはよくまとまっていました。

3日で受かる!秘書検定3級!

3級合格後は、2級合格を目指しましょう。

Amazonで参考書の1冊でも買えば2級も十分ですが、実際に自分の行動に反映されてなければ意味が無いので、日頃の生活から意識して行動して下さい。

ここで、なぜ秘書検定という資格をすすめるかというと、以下の理由です。

・面接の練習などと比べて目標が具体的で一歩を踏み出しやすい
・簡単に合格できるのに、就職で評価される
・試験合格という結果が外へもアピールできる

単に技術を個別に磨くよりもスムーズに成長しやすいのです。

一般職は一度就職すると、転職ということは基本的には多くなく、そのまま務め上げるか、寿退社するか、リタイアしてしまうかの3つです。

一生が決まってしまうので頑張りましょう。

これを読んだFラン女子がFラン彼氏やフリーターとつきあっているなら、就職してすぐに結婚など考えず、自分がしっかり努力して大企業にはいって、社会人の評価を知ってから、結婚するようにしましょう。

今の貴方は「井の中の蛙大海を知らず」です。

●Fランク大の女の子は、どの業界の一般職になるのがオススメなの?

なお、一般職として就職をおすすめは業種はズバリ「金融」です。

具体的には、証券、銀行、生保、損保と大きく4つの業種であり、それぞれの分野で会社はかなりの数が存在します。

金融のメリットは、企業の数が多いこと、一般職の採用が多いこと、結婚相手の候補である男性総合職の数も多いこと、超一流・有名どころ以外の例えば地銀などでも高年収であること、倒産リスクが極めて少ないこと(過去のみずほやりそなのように、他の業種と比べて潰れそうになっても公的資金で救われやすい傾向があります。)、転勤を伴わない採用も多い事、などが上げられます。

そして、地方支社にも東京から優秀な男性総合職が転勤で来るため、地方のFランにはありえない出会いのチャンスがたくさんあります。

仕事で窓口受付をやるにしても、事務作業をやるにしても、ビジネスマナーすなわち秘書検定スキルが非常に重要なのです。

目先の目標が大企業(特に金融)の一般職に就職することなので、大学3年生の後半になるまでに合格を目指しましょう、そして最終的な目標は総合職の高年収高肩書の男性と出会う機会を増やして結婚し、一般的なFラン卒の実態とくらべてより良い生活をおくることなので、恋愛への強みなど最終的には身につけなければならないことは忘れないようにしましょう。

参考サイト
3日で受かる!秘書検定3級!

ちなみに・・・

本記事の冒頭で紹介した東大・目白大の夫婦ですが、奥様は秘書検定を学生のときに合格して、まさに金融機関に就職し、そこで出会ったという話を聞いて、この記事を作成しました。

F欄女子の皆様の参考になれば幸いです。

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ