Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fランから逆転する方法 優良企業に入社する

Fラン大学に入ってしまった学生の末路は、人生終了コースしかないと思いがちですが、もちろんそんなことはありません。

就職活動で一念発起して逆転勝利を目指しましょう。


●理系の場合、教授によっては一流企業にコネがある場合も

Fラン大学生が飛躍すための手軽な方法は、優良企業に就職するということです。

その方法論は第8章のFランク大学でも一流企業に入るメソッドなどの記事でまとめてはいますので、ここでは現状のFラン大生の就職実態を分析し、今後にどう活かすかを考えてみましょう。

F欄大学生の就職先は本当に厳しいもので、5割が派遣会社、3割がパチンコ・遊戯店や介護職、1割が自宅警備員、1割がその他と言われています。

派遣会社というのは実質的にフリーターのような扱いを受けてしまうので、ちゃんとした就職であるとは言い難く、結局は地方の零細ブラック企業におさまることも多いと言います。

Fラン大学に進学してきた時点で就職活動が他の大学生に比べて圧倒的に不利になるというのは紛れもない事実であり、学歴フィルターというのは確実に存在します。説明会や応募すらできないという状況はもはや努力ではどうすることもできません。

もしかすると、Fラン大学から上場企業などに就職できるのかもしれませんが、やはりごく一部の特異な学生に限られます。

勝つためにはSラン並の努力をどこかでするしかないのです(それが嫌なら人生終了コースを楽しく過ごす方法を考えましょう)。

そこで、教授に取り入って推薦をもらうか、必死に努力をして資格取得からの就活成功を狙うか、海外大学や国内大学院でのロンダを経て就活に臨むのか、このあたりの選択肢がベストになってくるのでしょう。

もしくは「教授に取り入って推薦をもらう」方法と同じくらい勉強を頑張ったのなら、その実績を逆就活サイト(ヘッドハンターが学生のプロフィールを見てオファーしてくるサイト)なんかに登録してみるのも良いかもしれません。

もしくは、そこまで大企業でもなければ、一般企業内では縁故採用はひっそりと行われていますので、自分の身内に関係者がいるのであれば、良きに取り計らってもらうべきです。

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ