Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

【必読】Fラン脱出人生逆転! ハイレベルな資格を取得しよう!

2Fラン大学に入ってしまった学生の末路は、人生終了コースしかないのでしょうか?そんなことはありません!努力で逆転出来ます。

前のページでは教授のコネ推薦の狙い方を伝授しましたが、今回は真剣に悩まれているFラン生への対策②として、「ハイレベルな資格試験を取得するして人生を変えよう」というお話をします。

この記事はFラン大生には非常に重要です。しっかり最後まで読んでください。


●「学歴」も「資格」もその人の頭を測る指標である

学歴が良いと就職活動が有利になるのは、それだけ優秀な大学に入るだけの頭があると面接官が認識するからです。

資格も同じです。良い資格を持っていれば、面接官はあなたをそれだけ頭がいいやつなんだと思うでしょう。

面接官に「Fランに行ってるのはなんで?」と聞かれても、そのFランに行った理由をしっかり回答出来れば、「◯◯という資格に合格するくらい頭はいいけど、理由があってFランに行ったんだな」と理解してくれます。

資格を取ることは自分の人生を変える大きなチャンスだと理解しましょう。

●Fラン生が取れる資格じゃダメ!Sラン生でも持ってたら凄い資格を狙え

Admissions_viewbook08_8070勿論、中途半端な資格であればあまり有効ではないです。

「Fランク大学の学生でも能力は高いんだぞ」というのを示すためには、それなりの難関資格を保有しておく必要があります。

難関資格であればそれだけ試験の難易度も高くなりますので、Fラン大生が合格する可能性もそれに応じて低くなります。もともと勉強に向いていないFラン大学生ですので、絶対にその資格に受かるんだという強い意志が必要になります。

しかしながら、それくらい高いハードルだと周囲も思ってくれますので、そのハードルを越えて資格を手にした時には、あなたの評価はうなぎ上りです。時間と労力を費やすだけの価値はあります。

周りの友達は「うぇーい」とナンパ合コンの誘いをしてくるかもしれませんが、鉄の心で、底辺Fラン大生のウェーイを断り続けなければいけません。

以下にFラン大学生としての評価を一気に変えることのできる資格と、そこまでではなくとも実用性のある資格(「この資格持ってるから業務で使えるな」と思ってもらう資格)をピックアップしてみました。まずは読んでみて、次に資格1つ1つを調べる。

そして資格の資料請求でも、専門学校への見学でもいいです。必ず今すぐ第一歩のアクションを起こしてください(後でやろうという人は絶対にやりません。統計学的に証明されています)。

※それぞれの資格の名前をクリックすると、資料を請求出来るページに飛びます。グダグダ言ってないでまずはやる。知らないで出来ないと決めつけない。まずは興味を持った資格の資料を読んでみましょう。
資格の大原

●弁護士、行政書士、司法書士

Portrait of Suffolk University Law School student Merry Sheehan.いわゆる法律系の資格になります。

弁護士は最難関、司法書士行政書士はFランには到底無理だろうと思われる難関資格です

マーチクラスですとほとんどが弁護士にはなれませんし、司法書士や行政書士になれただけでも凄いです。

だからこそ取る価値があります。一念発起して人生に勝利しましょう。

実際に取得している人はそこまでいませんので、Fラン大学生が持っているとそのギャップに面接官どころか女の子も惹かれてくれるでしょう。

東大の人でもこのクラスの資格の場合は専門学校に1年は通いますし、弁護士ならもっと長い勉強期間が必要です。それくらい難易度が高い資格です。

ですから、Fランの人がこのクラスの資格を目指すのであれば、周りが勉強していてモチベーションを上げる環境が必要です。

大学が終わってから専門学校に通うダブルスクールをしてください。

Fランの人がこのクラスの資格を取り、完全に人生を勝利者になりたいのであれば、明日やろうと思っていたらダメです。

今すぐ行動を起こしてください。

とりあえずは資格の詳細の資料でも請求しましょう。もしくは興味がある資格があれば専門学校に見学に行くか問い合わせをしてください。

関心がなくても、あなたはこの資格について良く分からないのですから、一旦資料請求をして、網羅的に全資格に目を通してみるくらいのアクションは起こしましょう。法律系は社会における価値が大きいです。

資格の詳細を知るだけでも社会の構造が分かるので、単純に自分の知識としても価値があります。

◆公認会計士、税理士、簿記2級

study公認会計士は会計の最上位資格です。

難易度が弁護士級ですが、これを持っていたら東大生以上の評価を受けられるばかりか、自分で開業して余裕で生きていけます。大卒初任給700万の世界もあり得るくらいです。

大学4年間を潰しても取る価値はあります。勿論これも上記法律系と同じくしっかりとした勉強が必要ですから、真剣に頑張るのであれば、ダブルスクールすべきです。それくらいしても取る価値がある資格です。

税理士は格が一個落ちますが、税務と言う非常に複雑なことを扱えるようになるため、これも持っているだけでどこの一流企業でも余裕で東大生扱いをされます(外コンクラスは除く)。

簿記程度の試験ならFラン生でもなんとかなる気がします。これは取ってる人も多いのでそこまで希少性はありませんが、持っているということは経理業務が出来る知識があるということ。就活へはプラスです。とりあえず取っておく価値はあります。

なお、簿記3級は無価値なので不要です。簿記2級は企業会計が出来るレベルですから一番価値があります。1級は正直そこまで不要で、税理士の下位互換でもあるため、ここまでやるなら税理士を目指しましょう。

●不動産鑑定士、宅建

不動産鑑定士は不動産の鑑定が出来るので、就職には専門性がありますが、不動産系の企業では神扱いを受けます。

三菱地所や三井不動産を受けてもFランク大学の大学生なのに内定が可能だと思います。これも専門学校必須レベルの最難関資格ですが、取ったら東大に入った以上の存在になれますので、Fラン生でも人生逆転勝利ですね。

宅建は正式名称宅地建物取引士といい、不動産の売買や賃貸が出来る資格です。法律系の資格の登竜門と言われており、これも持っていて損はないでしょう。

実用的な資格にも関わらず、難易度は高くありません(高卒でも受かる人はいます)。従って周囲からの目を気にするならメリットは大きくないですが、弁護士を目指すにしろ鑑定士を目指すにしろ、事前に勉強する価値ありの優良資格です。

これは頑張れば独学でも行けますが、専門学校で勉強する人も多いです。

●基本情報処理技術者、ITパスポート

1もしかするとFラン大学生が取得するのには一番現実的なものかもしれません。もちろん、ある程度PCを触ることに抵抗がない人に限ってではありますが。

IBMとかAmazon Software Service、富士通や日立などのソフトウェアベンダーに入る場合等に重宝しそうです。就職に直結するという意味ではとても強みがあるので、就職を機にFラン大学生としての評価を一転させたい人にとってはおすすめの資格です。

先にご紹介した資格に比べ、はるかに簡単な上、IT系の企業に入るなら持っていると喜ばれます。

ただし気をつけるところは、上記士業と違い、この資格は資格の勉強をしていなくても、ITソフトウェア業界の優秀な人はみんな身に付けているので、他の新入社員や若手とは差別化出来ますが、そこまで決定的では無い点に注意が必要です。

●思い立ったらすぐ行動 自分を変えよう

win-at-life皆さんが人生を変える決断をすることを祈っています。

今すぐスタートすれば、今日があなたの人生の再スタートの日になります。

思い立った瞬間にやる人は結局人生も上手くいく。成功者はみんなそうです。

逆にFランにいるあなたはどうですか?なんだかんだ自分に言い訳して難しいことを避けて、後回しにして、諦めて、結局なにもやらなかった結果が今のあなたなのではないですか?

でもこのページを見ているということは、真剣に自分を変えたいということ。

あなたには変わりたい意志があるのです。

あなたが人生の勝利者になる最も重要なことは、決断力です。

今すぐスタートをするかどうか。明日からではなく、今すぐ行動を起こしましょう。

応援しています。

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ