Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

なぜ今すぐ仮想通貨を買うべきなのか?暗号通貨が20年に1度しかない一発逆転出来るチャンスだと理解すべき!NEMもRippleもAugerもSiacoin・・・なんでもいいから買え!

Fランク大学の大学生のみならず、お金をたくさん稼いで金持ちになりたいというのはみんなが願う夢でしょう。金持ちになりたいというのは、お金の心配をしたくないとか、欲しいものがあるとか、海外に住みたいとか、親に孝行したいとか、いろいろな理由から生じる夢ですが、しかしながら同時に難しいものでもあります。

加えて一般的にまだ年功序列の文化がある日本では多くの人は若いうちにたくさんのお金を稼げず、おっさんおばさんになってからそこそこのお金をもらえるようになります。しかしながら、ハゲデブメタボのおっさんになってからフェラーリを乗回す自分の姿に憧れを感じませんし、おばさんになってから化粧を頑張るのではなく若いうちに人生を謳歌したい人がほとんどです。若いうちにお金が必要なのは当然です。

しかしながら若いうちにお金を稼ぐのは難しく、SランAランの優秀な大学の学生や卒業生徒は異なり、Fランの学生にとってはなおさらそれは難しいです。

そこでオススメしたいのが仮想通貨(暗号通貨)です。これは投資対象の商品ですが、多くの人は投資と聞くと危ないからやめた方がいいとか、もしくは投資にハマってお金をなくしてしまいます。加えて暗号通貨は投資したお金が100倍になることもありますが、一般的に銀行の金利が1パーセントもないような世の中で暮らしている皆様には、怪しい商品にしか思えないことでしょう。

しかしながら、暗号通貨こそ、努力せずFラン大生を人生大逆転勝利に導いてくれるものになるかもしれないのです。ここでは、なぜFラン生でも大金持ちになれるのかと、なぜ仮想通貨を始めるべきなのかを説明します。一番最後ではオススメの通貨も紹介します。


●そもそも仮想通貨(暗号通貨)とは何か?

暗号通貨とは、ものすごいざっくり言うと「最新技術を使って安全に取引ができるWebマネー」であり「貨幣的価値以外にも技術的価値があるもの」です。

後者の部分が重要なのですが、正直仮想通貨がなんであるかを理解しなくても、Fラン大生の皆さんが一発逆転大勝利して楽勝人生を歩んでくれればそれで十分ですので、難しい説明はしません。

気になる方は本記事のSiacoinの例で説明しますので、そこを参照してください。

●そもそもお金の価値ってわかってる?日本円に価値があるわけではない!

そもそも論として確実に理解しておいて欲しいですが、お金の価値とはそのお金が価値を担保していることによって生じます。例えば日本円が価値があるのは日本銀行が「日本円に価値がありますよ」と宣言し、みんながそれを信頼しているからです。

明治時代では金本位制が主流システムであり、社会は金に価値を見出してきました。つまり、金に価値があると皆が考えているため、金を媒介に物やサービスを交換していたわけですね。

その後ドル本位制に以降します。つまり、アメリカという超大国の貨幣、ドルはいつでも価値があるだろう、という前提のもと、ドルを基軸通貨に円は何ドル、ユーロは何ドルという風に考えているわけです。

当然、金やドルに人々が価値を見出さなければこのシステムは崩壊しますが、逆に言うと皆が仮想通貨に価値を覚えれば仮想通貨の価値は成り立つわけです。じゃあなぜ将来皆が仮想通貨に価値を感じるようになるのか?(= 仮想通貨の価値が上昇するのか?)を説明します。

●仮想通貨とWebマネーの違いは?

仮想通貨はWebマネーと同じようなもののようですが、下記点が異なります。

①中央集権制がない

②世界中共通して使える
③技術的価値の付与

1つ目の非中央集権制に関しては、つまるところ中央銀行や国家が管理していないということです。つまり余計な為替介入が起きないということですね。中国のような共産圏の国がいきなり通貨の発行量を増やしてインフレーションを起こしたり、といったことは起きないということ。

使用する方からすると安心ですよね。特に銀行が信頼できない東欧や南米、アフリカの国々ではここのメリットは大きすぎますので、仮想通貨はこういった発展途上国では大きな価値が生じる品物です。実際に中国人なんか自国の通貨を信頼していないので仮想通貨を買い漁ってますよね

2つ目の世界中共通して使えることに関しては、当然両替を必要せず世界中で共通して同じ通貨が使えるわけですから、皆さんにもすごくメリットがあるんじゃないでしょうか。その便利さから、世界中で使えるようになった環境を夢見て、「そうなれば絶大な価値があるんじゃないか」と皆投資しているわけです。

3つ目の技術的価値付与ですが、暗号通貨は貨幣としての価値だけではないのです。例えばSiacoinを例に考えてみましょう。Siacoinという暗号通貨では、眠っているストレージを有効活用することが出来ます。

現在企業では高いお金を払ってGoogleやIBM、OracleやAmazonといった会社からクラウドストレージ(Google等のスペースにデータを保存することができるサービス)を買っています。しかしながらIoTやBigdataなどの発展により、IBMの発表によると近年世界では毎年データ量は1,000倍位ずつくらい増加しており、cloud storageは万年不足気味です。

したがってGoogleなどのクラウドストレージを提供している企業はボロ儲けです。みんなが欲しく、足りていないもので、なおかつ他の企業にスペースを与えることができるくらいスペースを持っているのは超絶でかいIT企業だけですから。当然競合も多くないので、彼らは利益率95パーセントというありえないビジネスを行えるわけですね。

そこに風穴をあけるのがSIacoin。我々のような一般ユーザーのパソコンやiPhoneの空き容量をみんなで使えるようにすることで、cloud storageサービスの需要に応えようとしています。つまり、Siacoinユーザーのパソコンなどのストレージを少しずつ使うわけです。

我々1人1人の持ってる余っているスペースは大きくないですが、通貨という億単位の人口が使うものをベースにすることによって、合算するとものすごい量のクラウドストレージのスペースを作り出すことができるのです。そんなスペースがあればGoogleもIBMも敗北確定、独占ビジネスはできなくなりますし、値段を下げざるをえないですよね。通貨を多くの人に使ってもらうためのツールとして使い、スペースを確保するSiacoin。信じられないくらい斬新なアイデアです。

通貨というプラットフォームを通して革新的なことを可能にするSiacoinは、リリース後価格が100倍にもなっており、まだ伸び続けています。

ここではわかりやすいのでSiacoinを例にあげましたが、Siacoin以上に革新的な通貨もたくさんあります

●株とか銀行預金ではそんなに儲けられない

投資というと株で10パーセント儲かっただの、定期預金で1パーセント儲かっただのという話をよく聞きますが、それではともとお金を持っている人しか儲けることができません。Fラン卒の皆様が預金をしたところで無駄なのはわかりますね。

一方で仮想通貨は10万パーセント儲けることも可能です。つまり、10万円が10億円になることも可能なわけです。

●多くの人は自分の頭で理解できることしか信じない・・・我々が想定しないレベルの価値上昇が起こる可能性がある!

1990年〜2010年、たくさんのIT企業が勃興しましたが、成功した企業は今では三菱商事やトヨタなんか目じゃないくらい世界のトップ企業です。FacebookやAmazon、楽天、Google、Yahoo、Apple… 発足当時の株を買っていた人は今頃億万長者でしょう。

でもその当時「Amazonの株買えば10万倍になるよ!」「将来はスマホで全部やり取りできて、買い物もできて、ボタンを押すと製品が家に届くんだよ!」といっても誰も信じませんでした。スマホなんかなくパソコンも仕事場にしかない時代には、そんなことは考えもしない未来だったからです。

仮想通貨も同じです。近い将来、各国の紙幣が役割を失い、全世界共通のプラットフォームを持つ仮想通貨が当たり前になっているかもしれない。でも、今現在を生きる我々にはそんなことを想像することはできないのです。

これはある意味ラッキーなことです。中途半端にものをわかっている人こそ、仮想通貨に投資しません。そんなことはありえないと感じるからです。一方で何も考えずに行動できるFラン大生は勢いだけで投資できるのである意味ラッキーとも言えます。

しかしながら冷静に考えてみてください。一般的には「投資すれば何十倍、何百倍にもなる」というのは怪しさ満点です。日常生活では起こりえないからです。

しかしながら一般的にありえないと言われるレベルの株価の上昇も、ネット黎明期には起きているのも確か。それは、普通の人には想定できない20年に一度レベルの技術革新のタイミングで起きています。今回はその20-50年に1度の技術革新のタイミングなのかもしれません(わからない方は、コンドラチェフの波、で検索してみてください。)。

日本の通貨発行料を1,000兆円とすれば、その代替となる仮想通貨も同じくらいの規模になってもいいはず。そう考えるとまだまだ1,000兆円なんて程遠い仮想通貨の価値はこれからも跳ね上がる可能性があるのです。


●仮想通貨はリスクが少ない

投資というとリスクというイメージがありますが、その点仮想通貨はリスクが非常に少ないです。

投資で儲けるためには一般的に大金を投資しなければいけません。値段が上がっても数%程度の投資がほとんどだからです。しかしながら百倍になる可能性があるのなら、10万円投資しておけば1,000万円になるかもしれません。その意味ではなくなったとしても10万円。高い買い物をしたと思えばよく、人生を狂わせるほどの大金を投資しなくても見返りがえれる可能性があるという意味でなかなか面白い投資商品と言えます。

実際に億万長者になった人もたくさんいます。2010年に1ビットコイン20円の時に5,000ビットコインを購入していたジャレッド・ケンナさんは、1ビットコイン200,000円の時にはもう10億円プレーヤーです。現在は南の島でバカンスを送りながら暮らしているそうです。

●仮想通貨は手間がかからない(副業と違って放置でOK)

ちなみに、会社員として働くのはリスクがないとか思っている皆さん、皆さんは給料の代わりに時間を浪費しているわけです。お金を失うことをリスクと感じるのか、時間を失うことをリスクと感じるのか。

いろいろなお金の儲け方がありますが、会社員として給与をもらっても自分のビジネスを立ち上げても、それなりの手間と時間がかかります。一方で仮想通貨は投資しておけば放置でオーケー。その時間にいつも通り生活できるのも非常に素晴らしいポイントです。

●思い立ったらすぐ行動、とりあえず気が向いたときのためにいつでも買える状態は作っておくべし

仮想通貨の購入方法は、取引所というところに現金を入金して、欲しい通貨を購入する流れになります。しかしながら取引所の登録には本人認証があるため、買いたいと思ってもすぐに買えるわけではありません。買おうと思い立ってから一週間くらい待たなければならないパターンがほとんどです。情報集めという意味でも、とりあえず登録だけはしておいて、いつでも買える状態にしておくことが重要だと思います。

実際後で登録しようと思っていたらすごい良い相場になり、今すぐ買いたいと思って登録したら何日か待たなければいけなくなってしまったという人を何人も知っています。

そういう意味で、取引所選びはなるべくいろいろな種類の暗号通貨を購入出来る取引所を抑えるべきです。日本で一番購入出来る仮想通貨が多いのはcoincheckですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

●購入すべき仮想通貨はNEM(XEM)、Ripple(XRP)

個人的なオススメはNEMとRippleです。この2つは技術的な信頼性が高く、将来有象無象の暗号通貨が淘汰された後にも残る、幾つかの仮想通貨であり、なおかつ大きな価値上昇も期待できるといえるでしょう(Rippleは中央集権的なコインではありますが、技術目的に特化した利用法をRipple社が追求しているためです)。なお、これらはcoincheckで購入可能です。

大企業がこぞって技術の検証を始めたり、投資をしているのも大きいですね。RippleなんかGoogleが出資していますし。

このチャンスを逃すともう次は20年後かもしれません。素早い行動を起こし人生を逆転されるチャンスをつかむよう応援しています!

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ