おすすめ記事

なぜFラン大学の学生はプライドだけは高いのか?

F欄大生と接していると、よく「俺は他のヤツとは違う!」という割合が多いように感じる人はいるのでは無いでしょうか。

しかし実際、どう考えてもお前みたいなやつはそこら中にいるよ、と思うような典型的なFラン生であるパターンが多いですし、それどころかそういう人に限ってFラン生の中でもより稚拙で馬鹿だったりします。

どうして彼らはプライドが非常に高いのでしょうか?

考えられるパターンを考察してみました。


①自分が低脳だと気がついていないパターン

自分が馬鹿だということに気がついていないパターンです。

「論破したww」

上記のような発言をしているFラン生は、大抵このパターンです。

周りはあまりに見当違いな発言のために言葉に迷って何も言えないでいたり、単純に相手にしていないだけなのに、本人は論破したと自信満々に信じ込んでいます

またこういうFラン生に限って、自分の意見が正しい前提で議論を進めるので、相手の意見を聞こうともせず、参考資料も読みもせず、なぜかすごい自信で「俺は正しい」と信じ込んでいます。

それ故に、間違いに気がつかず、高いプライドを保つことができているんですね。

F欄所属の意識高い系の学生がゼミナールなどでこのような発言をするケースが多いようです。

●井の中の蛙パターン:

居酒屋のバイトリーダーなどによくいるパターンです。

自身の所属するコミュニティでの自分の優位性を誇るこのタイプは、マウントを取りたがるので非常に厄介です。

「バイトリーダーで店長から信頼されてるしwww」

こういう発言をするFラン生はプライドが高いので関わらないほうが良いです。

バイトリーダーのような小さな世界での取りまとめ役などこの世に山ほどいるのですが、なぜか彼らは自分に才能があると短絡的に解釈してしまいます。

おそらく彼らは運動能力が高く、小学校中学校でハイヒエラルキーに属していたため、常に人の上に立つ存在で無いと居心地が悪い癖がついてしまったのでしょう。

大人になっても、とにかく自分が威張れる世界を探して生きているタイプなので非常にかわいそうですが、このタイプは多少要領がいい人が多いので、上手く使えば良いバイト要因になりそうです。

③自信のなさの裏返しパターン

自信のなさを見せないためにプライドを高く持ち、自分を大きく見せているパターンです。

「学歴が良いからって仕事ができるとは限らねえからww」「学歴が全てじゃねえしwww」

上記のような発言をするタイプによく見られます。

彼らは、自分の学歴に人知れずかなりのコンプレックスを抱いているパターンが多いです。

そのコンプレックスゆえ、学歴以外のところにプライドを探そうと必死になっているのかもしれません。

特に、Fラン大学の中では偏差値が高い学校に通っている人や、第一志望の大学に行けずFランに通うことになってしまった人に多いです。

●まとめ:

ひとくちにFラン生といっても、そのプライドを高く持っている理由は様々考えられます。

そういったFラン生を見ると、間違いを指摘してあげたくなってしまいますが、それは時間の無駄ですし、あなたの能力・精神力・体力を消耗するだけです。

話しても無駄なのであれば、指摘・説得するのではなく、相手はそういう存在なんだと認め、そういう相手をどう上手く使うかを考えるようにしましょう。

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ

にほんブログ村 受験ブログ 受験情報へ
Pocket