Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fラン大学に4年間通う価値はあるのか?

●4年間Fラン大学に通う価値はあるのか?:

Fラン大学では4年間で全てが終了するようにカリキュラムが組まれています。一方で専門学校の場合は一般的にカリキュラムは2年と定められており、Fラン大学の4年間と比べると半分の長さになっています。

一見するとFラン大学の方が無駄な時間を過ごしていそうですが、期間の違いにはそれぞれ一長一短があるため、どちらのほうがよいという結論を短絡的に出すべきではありません

というのも、価値判断は個々人によって違うものだからです。考え方、何を目的としているのか、何を求めているのかという部分に価値は左右されるので、見方によってはそれぞれの長所が短所として受け止められることもありえます。

一旦、専門学校と比較しつつ、在籍期間の観点からFランク大学の存在意義を再検討してみましょう。


●専門学校・・・すぐ就職活動があり忙しい一方有意義:

専門学校の長所としては、在籍期間があまりながくないため学費がFラン大学のおよそ半分程度に収まるということが挙げられます。無い袖は振れないというのが世の常識であるため、お金がかからないに越したことはありません。

また、Fラン大学でしょうもない日常を送るくらいなら、専門学校で2年間過ごすほうが時間の無駄にならなくて良いという見方もあるようです。専門学校では2年生の春から就職活動をしなければならず、実質的に勉強だけに打ち込めるのは1年生の間だけになります。時間的猶予がない分、Fラン大学よりもカリキュラムの濃度が濃くなるため、学習効率も非常に良くなると予想されます。

・参考:Fラン大学の実態と授業風景 概論

一方で見方を変えれば、自由な時間が少ないとも言えます。本来専門学校に入る理由は専門的な技術や知識を身につけて就職する事です。とはいえ専門学生の多くは若者。忙しい学校の合間にバイトやサークル、旅行などやりたい事もたくさんあるでしょう。

毎日なんの生産性もない堕落したFラン大学生に比べるとかなり中身がある日常を送る事が出来る一方で、多少の放蕩は我慢せねばならない場合もあります。

●Fラン大学:社会的に猶予期間と見做される期間を買うと考えればあり?:

Fラン大学の学生は低能が多いため、基本的に勉学のために行く意味はありません。その大学に学びたい教授がいるケースもあるかもしれませんが、一般的にはFランにいくならもっとマシな大学に行った方がいい訳で、Fランに行くのを正当化する理由にはなりません。

しかしながらそもそも勉強も何もする気が無いという割り切った人間の目線から見れば、Fラン大学に入学する事は「4年間自由に過ごせる期間を買う」というポジティブな見方も可能です。

考えてみてください。Fランとは言っても大学生。誰にも働けと言われず悠々自適と時間を過ごせます。専門学校生や普通の大学生と比べて勉強に時間を割く必要がありません。その時間を他の有意義な活動に費やすことができます(そういう発想があった場合)。普通は自分のお金は自分で払うべきなのに、学費や生活費を親が持ってくれるケースも多いです。お金が足りなければ普通の人はローンやサラ金で借金する必要があるのに、Fラン生は奨学金という名目で利率の低い融資を受ける事が出来ます。

大学生は人生の夏休みとよく言われますが、この期間を人によっては人生でこの時期にしかすることのできない経験をすることも可能です。例えば、世界一周旅行をしてみたり、バックパッカーとして中東地域を旅したり、孤児院でボランティアをしたり、語学を覚える時間に充てたり、資格試験を受けたり。金にも時間にも困らず4年間を過ごせるのは、この時期しか無いのです。しかもそういう生き方をしていても、社会から冷たい目で見られたりもせず、「学生っていいなあ」と思われる素晴らしい時期なのです。

・参考:就活の前にFラン大生こそ視野を広げろ 他の誰も積んでいない経験で差別化する

もちろんFラン大学で4年間を過ごすということは、それだけ学費や生活費が必要になるので、専門学校以上に出費がかさみます。お金に糸目をつけず、好きなだけ使えるような家庭であれば話は別でしょうが、一般的な家庭にしてみれば大学で必要な何百万という費用は本当に大金です。これだけのお金を費やすだけの価値のある時間を過ごすことができる頭を持っていれば4年間誰にも文句を言われず好きに過ごせる時間を買うことは非常に有意義な選択肢になり得るのですが、そこはFラン。そういうまともな学生はほとんどいません(そういう人はSランやAランの大学で同様の事をします。)。大抵のF欄の学生は合コンナンパ、飲み会にゲーセンで4年間を終えます。

従って選択肢としては、Fラン大学の4年間を意味あるものにすることも出来るのです。とはいえ実際は無駄な4年間という期間になると想定されるため、専門学校に入って手に職を付けた方が堅実だと考える事が出来ます。

・参考:大学院入試で学歴ロンダリング!Fラン脱出人生逆転法!

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ