Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fラン大は存在意義があるのか?進学先としてのFラン大学の位置づけ

●Fラン大学は存在意義はあるのか?国立大学との費用比較:

Fラン大学は多くの場合入学希望者が定員を割ってしまっている私立大学を表した言葉です。つまり私立大学ですので、必要な学費は一般的な国公立大学よりも割高になってしまいます。自宅生か、下宿生かということ、理系学部か文系学部かということ、さまざまな要素で学費は変動するのですが、一般的にどれくらいの費用がかかるのかを確認してみましょう。


●ケース1:国公立大学に進んだ場合の費用

もしも国立に進んだ場合にかかる費用をみてみましょう。

●国公立大学×自宅通学
初年度:約175.8万円
2~4年目:約93.9万円
4年間合計=約457.5万円

●国公立大学×自宅外
初年度:約345.7万円
2~4年目:約218.8万円
4年間合計=約1002.1万円

計算には学費と生活費を入れていますが、国立であれば学費は学部によって変わりません。

このように、大学進学そのものが高額な費用がかかるものであり、比較的費用を抑えることのできると言われる国立大学であっても、4年間で400万円以上必要であると言われています。

●ケース2:私立大学に進んだ場合の費用:

それでは、もしも私立に進んだ場合にかかる費用をみてみましょう。私立は学部によって費用が違うため、文系と理系、医歯薬系に分けてみていきます。ご自身のケースを想定してみてみてください。

●私立文系×自宅通学
初年度:約248.9万円
2~4年目:約142.2万円
4年間合計=約675.5万円

●私立文系×自宅外
初年度:約418.8万円
2~4年目:約267.1万円
4年間合計=約1220.1万円

●私立理系×自宅通学
初年度:約284.0万円
2~4年目:約178.0万円
4年間合計=約818.0万円

●私立理系×自宅外
初年度:約453.9万円
2~4年目:約302.9万円
4年間合計=約1362.6万円

●私立医歯系×自宅通学
初年度:約598.2万円
2~6年目:約415.1万円
6年間合計=約3088.6万円

●私立医歯系×自宅外
初年度:約768.1万円
2~4年目:約540.0万円
4年間合計=約3468.1万円

(参照:大学4年間でかかる学費・費用はいくら?http://allabout.co.jp/gm/gc/18712/)

文系は200万円以上、理系は400万円近く、医学部に至っては約2,600万円もの費用が国立大学に通う場合に比べて多くかかる事が分かります。しっかりと中身のある学問を身に付けられる傾向にある国立大学より高い金を払って、中身の伴わないFラン大学を卒業するためだけにこれほどまでの高額費用をかける価値が本当にあるのか疑問に思われても仕方がありません。

何事においても費用対効果を考えることは重要です。お金を費やすだけの意味があるのであればFラン大学の存在意義はあると言えますが、この現状ではFラン大学の存在意義は皆無に等しいと言えます。

次のページでは専門学校の費用と比較してFラン大学の存在意義を検証していきます。

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ