Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

公務員になって一発逆転!?公務員の種類とFラン大学生におすすめの受け方!

●29歳までのFラン大学の学生・卒業生は公務員を目指せ!

Fラン大に在学中の皆さま、もしくはFラン大を卒業して絶賛ブラック企業で労働中の皆さま、少しずつお気づきだとは思いますが、世の中そんなに甘くはありません。
ヒューマンアカデミー通信講座[たのまな]

これまで学業の放棄をしてきた人間が、人よりも恵まれた社会生活を送ろうというのは、虫の良すぎる話というもの。

これからの就職条件、現在の労働環境に納得がいかないのも当然の結果なのです。

ですが、そんなFラン大学生および卒業生に朗報です。なんと、公務員試験という一発逆転をかけたチャンスが存在するのです。

公務員試験は、学歴は基本的に関係なく、筆記試験と面接試験でクリアできるものとなっています。

公務員試験に合格すれば、いままでのFラン評価からは一遍、周囲は手のひらを返したようにあなたを持ち上げ、ほめちぎることでしょう。

それくらい、公務員試験の合格には大きな意味があるのです。

というわけで、今回は公務員試験に関する簡単なまとめと、Fラン大学生におすすめな公務員の受け方を解説していきます。

①公務員試験とは?

公務員試験には大きく分けて2種類あって、国家公務員になるための試験と、地方公務員になるための試験があります。

国の機関に勤めるのが国家公務員で、地方の機関に勤めるのが地方公務員と呼ばれます。

また、ひとくちに公務員といってもその種類は豊富で、いわゆる事務職として想像されるような行政職から、航空管制官特許庁職員などの専門職、医者看護師などの医療職、消防警察などの公安職などが存在します。

それぞれの採用区分は、最終学歴や試験の難易度によって区切られています。

呼び方はそれぞれ異なりますが、大きく分けると大学卒業程度、高校卒業程度の2種類です。

国家公務員にはさらに、大学卒業程度のひとつ上の難易度である、国家公務員1種というものがあります。

これは俗にいうキャリア職で、東大生や京大生が入るところです。

基本的にFラン大学生には無縁と考えていただいて間違いないでしょう。

無理とは言いませんが、非常に難易度は高いですし、給料もそこまで高くないので目指さなくていいです。

②おすすめは地方上級と市町村役場職員!

こういった種類の中で、現実可能性を考えたときに、Fラン大学生の受験候補となるのは地方公務員上級または市町村役場の職員(大卒は1種と呼ばれることが多いです)でしょう。

どちらも大学卒業程度の学力試験が実施されるので、よほど対策をしておかなければいけません。

中でも地方公務員上級の難易度は、国家公務員2種と同等のものであると言われているため、生半可な努力では合格ラインまで達することはできないでしょう。

では、市町村職員のほうが合格しやすいのかというと、そうカンタンな話ではありません。

市町村職員の試験は確かに地方上級に比べると対策しやすい傾向にありますが、採用人数が極端に少ないことがありえるのです。

いくら対策をしたとしても、採用人数が少なければそれだけ倍率が高くなってしまい、合格は遠のいていきます。

どちらにせよ、勉強が大変なことには変わりありません。やる気と覚悟があるのであれば、両方を狙っていく意気込みで勉強していくとよいでしょう。

なお、公務員の資格勉強としてはヒューマンアカデミーが講座を開設しています。

ヒューマンアカデミーの公務員講座から資料請求ができます。

資料請求は無料であり、試験の概要や勉強のカリキュラムなどをざっくりパンフレットで把握できるメリットがあるので、公務員になり真剣に人生を変えたい方は無料資料請求をしておくことをお勧めします。

そのうえで、本気で勉強したいという要望があれば有料講座を検討しましょう。

いかがだったでしょうか。

大卒程度かつ、Fラン大学生でも合格の可能性がある試験と言えば、地方上級と市町村職員の試験と言えます。

次回は、具体的な対策や勉強方法について解説していきます。

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ