Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fラン大学卒業後を考える

1

Fラン大学生が卒業したあとの話を考えてみましょう。

学生という恵まれた殻を脱ぎ捨てた後のほうが、Fラン大学生にはきつい現実が待ち構えています。

うぇーいと言って酒でも飲んでナンパしてれば良かった学生時代とは異なり、社会人の世界ではがらっと空気も変わります。



参考:Fランク大学生のナンパ活動の実態

 ●Fラン大卒で就職内定をもらえなかった場合

Fラン大学生が就職内定をもらえなかった場合は、いずれにせよ就職活動を続けるしかありません。

大学を卒業して3年間は第二新卒扱いとされるので、第二新卒枠で懸命に就職活動を続けるか、留年をして普通の大学生として就職活動を続ける手が一般的です。

一般的には既卒の就職活動は厳しい状況にあると言われているので、わざと単位を落として大学生の立場で再度就職活動をするほうが良いでしょう。

この場合、面接官に「留年した理由」を聞かれますので、そのまま馬鹿正直に答えず、「語学留学をしていた」などポジティブな理由で説明出来るように既成事実を作っておきましょう。

参考:Fラン大生がフィリピン留学で人生逆転して就活で5大商社に入った話

また、就活失敗から急いで大学院の入試に切り替え、大学院でロンダをして院生として再度就職活動をするという手もあります。場合によっては学歴がより上がりますので就職活動も楽になるかもしれません。

参考:大学院入試で学歴ロンダリング!Fラン脱出人生逆転法!

一番よくないことは、就職先が見つからなかったと自暴自棄になることです。歩みを止めなければいくらでも状況を打破する可能性が残されています。一歩一歩進んでいきましょう。

参考:第二新卒ナビ

●Fラン大卒でフリーターになった場合

F欄大学生が就職できずに卒業してしまった場合、フリーターになるという方向性もあります。これにはいい面もあり悪い面もあります。

いい面は、就職はできないながらも社会との関係性をつなぎ留め、いつでも就職できるという社会性を維持することができるということです。

企業や業界によっては、フリーターでも正社員でも実際の業務はそこまで変わらないということもあり、フリーターでの経験が就職活動に活きてくるということが考えられます。

また、フリーターによってはそのまま正社員に採用されるということもあります。

頑張ればそれだけ評価される環境であれば、フリーターでも十分にその先が考えられるのです。

とはいえ、フリーターはいいことばかりではありません。

なかでも、現状に満足してしまうというのはよく聞く話です。

実は、フリーターであっても職種によっては日常の生活に困ることのない金額を稼ぐことができます。そうであれば無理して正社員になる必要もないため、下手をするとフリーターの期間をだらだらと長く続けてしまう結果に繋がってしまうこともあるのです。

フリーターであることが悪いというわけではありませんが、Fラン大生は「その時さえ良ければ良い」と単純に考えがちな傾向があります。これはFラン生のデメリットです。就職活動に戻れなくなってしまう可能性もありますので、気をつけましょう。


●Fラン大卒でニートになった場合

最後に、Fラン大学生が就職活動でうまく行かず、ニートになってしまう場合を考えていきます。

ニートになって毎日堕落した日常を過ごすというのは、F欄卒でなくても問題とされることです。

しかし、毎日無気力にだらだらと時間を過ごすということに関して、Fラン大学生の右に出るものはいません。

そんな彼らがニートになってしまった場合、ニートの中のニート、プロフェッショナルなニートが誕生することは想像に固くありません。

もともと自分に甘く苦手なことや辛いことからは逃げ続けてきた彼らですから、ニートになってしまってはもはや本当に再起不能になる可能性が考えられます。

しかも、一度ニートになって他人との関わりを避け続けた場合、いざ社会生活に溶け込もうとしてもそこに馴染めなくなるという恐れもはらんでいるのです。

一人だけの空間というのは社会という世界の完全に対極に位置するもので、ニートであることを当たり前に思ってしまっては、就職する機会を完全に手放してしまうということと同義なのです。

こうなってしまう前に、今すぐお近くの職業安定所に行くことをオススメします。

最近では一部の職業安定所ではIBMやGoogleの技術を使ってジョブマッチングの仕組みを導入をしているらしく、Fラン生にも適切な職業を紹介してもらえる可能性があります。

参考:職業安定所

●まとめ:前向きに頑張ろう 諦めて堕落は厳禁

就職しても辛い人生が待ち構えているかもしれないFラン大学生でも、就職しないで卒業してしまってはそれ以上にきつく辛い日々を送らなければならないのは間違いありません。

今現在Fラン大学に通っている学生さんは、少しでも自分の市場価値を高めるための努力をして、少しでも明るい未来を掴み取れるよう前に進んでいきましょう。

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ