Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

Fラン大学がこんなにも存在する理由⑤ 「とりあえず大学に入る」風潮、「自分探しの場」になる大学

●「とりあえず大学入っとくか」という風潮:

Fランが成り立っている理由には「とりあえず大学入っとくか」という風潮もあります。

とりあえず高校卒業後の4年間は大学でモラトリアムの時期を過ごすものだ、という意識が多くの人の頭にあり(これは上位大学に行く学生でもそうです)、大学で学問を勉強するに値しない低偏差値学生が、とりあえず入学出来る大学を探してFラン大学に入学する、という結果に至ります。


もちろん、学生の本分である「学問」に専念する学生はほぼほぼ皆無であり、サークルで「うぇーい」と騒いだり、飲み会や合コンで「うぇいうぇーい」と騒ぐなどの全く持って中身のない日々を過ごすことになるのは言うまでもありません。これらは全て学費を払って大学に行かなくとも出来ることなのですが、なぜかFランの学生はそれに気付かないのです。

時にはFラン大学に入学することをきっかけに、周りの環境の劣悪さに気が付き、そこから奮起することで自らの可能性を広げようとする学生も存在しないこともありません。しかし、そのような学生はごくごく限られた一部の存在であり、Fラン大学に入学する学生の大多数は「うぇーい」な日常を怠惰に楽しみ続けるのです。

こういった学生は、就職を目前に控える段階になるまで自分の将来について見つめ直そうとはしません。Fランに入るような勉強とは一切縁のなかった高校時代を過ごした学生は、自分のキャリアプランを全く考えてこなかったからこそ勉強とは無縁なのであり、だからこそ何も考えることなくとりあえずFラン大学に入学するのです。

大学は学問をする場所です。色々学び、自分探しの場として活用するのは構いませんが、「うぇーい」と叫んでいるだけのFラン生のいう「自分探し」は、何もしないで遊んでいる自分をただただ自己肯定しているに過ぎないのです。

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ