Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

浦和大学は底辺のFラン大学なのか

浦和大学について。
自分は浦和大学に行きたいのですが、底辺大学の1つとか掲示板などで言われていますがなにが底辺ですか?
浦和大学はだめですか?
お願いします。

浦和大学は埼玉県さいまた市にある私立大学です。保育士や看護師を目指す学部が2つ、定員も合わせて200名近くと非常に小規模な大学です。

少人数のためか卒業生を社会で見かける事もない浦和大学は、Fラン大学なのでしょうか。それともFランクではない優良大学なのでしょうか。


回答します。

浦和大学は間違いなく底辺Fラン大学です。

それでは詳しい理由とデータを見てみましょう。

●自分の名前が書ければ入れるガチのFランク大学である浦和大学

浦和大学のこども学部・総合福祉学部は、共に入試難易度はBF (ボーダーフリー)です。

センター利用で半分ほどの点数を取るか、それでもダメなら一般入試で会場に出向いて名前を書いてくれば合格出来ます

わずか200名の定員でこの状況ですので、残念ながらほとんど人気はない大学と言わざるをえません。

浦和大学のキャンパスは田舎にありますので、世の学生たちが夢見るキラキラのキャンパスライフというものからは縁遠い可能性が大です。

ただ、こども学科の女生徒比率が7割近くに及び、大学全体としても半数が女子という環境を目的に、男子学生が学園祭ナンパの会場として選ぶ分には良いかもしれませんね。

●保育士・看護師の就職実績はどうなのか

元々は総合福祉学部のみでスタートした浦和大学。

2007年度からこども学部が開設し、保育士・幼稚園教諭・介護士・スポーツ指導員といった職業への就職を前面に押し出す体制になっています。

入試難易度はBFと明らかに人気に乏しいものの、就職率や就職先によっては意外と悪くない選択肢かもしれません。実際に確認してみます。

卒業生へのアンケートベースの調査ですが、いわゆる有名・優良企業への就職とは全く無関係であることが伺えます。

就職先をステータスと考えているのであれば、浦和大学は全くおすすめできません。

とはいえ公式サイトの情報によると、毎年の就職内定率がほぼ100%です。

そして、こども学部の6割近く・総合福祉学部の4割近くがそれぞれ保育・福祉施設への内定を決めているようです。

これは保育・福祉系の職業を目指す学生さんにとって、決して悪い数値ではないでしょう。

また浦和大学は就職支援も大学として行っているようですし、毎年の就職先の施設・企業が比較的固定されていることを鑑みると、Fランの中では就職先の確保は安定していると見る事もできます。

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ