Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

関東地方のFランク大一覧リスト

関東地方の私立大学のFランク大学の一覧リストです。

まず関東(と甲信越) の私立大学総数をみると、全部で237校あります(国公立大にFランク大学は存在しませんので計算から省きます。)。

これは他の地方を圧倒的に上回る数になっており、その分大学のレベルもピンキリです。慶應・早稲田をはじめとする超難関私立大学から、悪い意味で有名なF欄大学まで様々存在します。

関東・関西以外の地方ではそもそも優良私大の数が少なく、私立大学中6-7割がFランクという結果が出ている地方もありますが、関東地方のFラン大学はどれくらいあるのでしょうか。以下のリストで確認できます。

なおFラン大の判定には下記の基準を使用しています。併せてご確認ください。

– 定員に対して受験者数が足りていないため「名前さえ書けば」全員が受かる (ボーダーフリー、つまりBFランク)
– 試験の偏差値が日東駒専 (Eランク) 未満
参考 : http://f-ran.com/define/f1-3/


●関東地方のFランク大学一覧リスト(総数:138校)

茨城キリスト教、筑波学院、つくば国際、常磐、流通経済、足利工業、宇都宮共和、作新学院、白鴎、文星芸術、関東学園、共愛学園前橋、桐生、上武、高崎商科、浦和、共栄、埼玉学園、埼玉工業、十文字学園女子、城西、尚美学園、駿河台、聖学院、西武文理、東京国際、東都医療、日本工業、日本保健医療、日本薬科、人間総合科学、平成国際、武蔵野学院、ものつくり、愛国学園、植草学園、江戸川、開智国際、亀田医療、川村学園女子、敬愛、国際武道、三育学院、秀明、淑徳、城西国際、聖徳、清和、千葉科学、千葉経済、千葉商科、中央学院、東京基督教、東京情報、明海、了徳寺、麗澤、和洋女子、亜細亜、跡見学園女子、桜美林、嘉悦、杏林、国立音楽、恵泉女学園、こども教育宝仙、駒沢女子、女子美術、白梅学園、白百合女子、杉野服飾、大正、大東文化、高千穂、拓殖、帝京、帝京科学、帝京平成、デジタルハリ、東海、東京有明医療、東京医療学院、東京音楽、東京工科、東京純心、東京女子体育、東京成徳、東京造形、東京福祉、東京富士、東洋学園、日本体育、日本女子体育、日本文化、文化学園、文京学院、武蔵野音楽、明星、目白、ヤマザキ学園、立正、ルーテル学院、和光、神奈川工科、神奈川歯科、関東学院、相模女子、松蔭、湘南医療、湘南工科、昭和音楽、鶴見、田園調布学園、桐蔭横浜、東洋英和女学院、日本映画、横浜商科、横浜創英、横浜美術、敬和学園、長岡、新潟医療福祉、新潟経営、新潟工科、新潟国際情報、新潟産業、新潟青陵、新潟薬科、新潟リハビリ、健康科学、身延山、山梨英和、山梨学院、佐久、諏訪東京理科、清泉女学院、長野保健医療、松本歯科

●関東地方のFラン割合は5割8分、他地方に比べて健闘

関東地方にある私立大学のFランク割合はおよそ5割8分、僅差ではありますが他の地方より優秀な結果となりました (必ずしも個別の大学が優秀というわけではありません、悪しからず)。

他地方では優秀な学生は国公立に進学する傾向にあり、その分私立はレベルが劣ることが多いのに比べ、関東では私立大学も健闘しているといえます。

また学業優秀で地方から出てくる学生の受け皿にもなっているためか、入試偏差値が50を超える難関私立大学も多く見受けられました

とは言え絶対数としては他を圧倒しているのも事実。山ほどある私立大のうち半分以上がF欄である (そしてそこに多くの学生が在籍している) ことを考えると、いささか残念な気持ちにもなります。

「とりあえず大学には行っておこう」という考えで上のリストにあるF欄に入ってしまった関東の (もしくはわざわざ地方からFラン大に進学した) 学生の方は「このまま大学を出て」「好きな仕事でバリバリ働いて」「給料もしっかりもらえて」などといった明るい将来はないということに早めに気づくべきだと思います。

Fラン大学生を優良企業が採用してくれることは、ほぼ0パーセント、非常に稀です。この機会に「学生のうちに何をするべきか」しっかりと考え直してみる必要があるでしょう。
参考 : http://f-ran.com/real/f6-11/
参考 : http://f-ran.com/solution/cetification-summary/

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ