Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

北海道のFランク大学一覧リスト

北海道には40校ほどの大学が存在します。

このページではその中からFランク大学を全てリストアップしてあります。


●北海道のFランク大学一覧リスト(総数:15校)

旭川大学、札幌大谷大学、札幌学院大学、札幌国際大学、札幌保健医療大学、星槎道都大学、千歳科学技術大学、苫小牧大学、駒澤大学、日本医療大学、函館大学、北翔大学、北海学園大学、北海商科大学、北海道情報大学、稚内北星学園大学

●北海道の私大はレベルが低い?

北海道に大学は40校ありますので、北海道の全大学に占めるFランの割合は約38%です。国公立大学にFランク大学は存在しませんので、北海道にある私立大学に占めるFラン率で見てみても、50%に留まります(30校中15校)。

これは関東地方の全私立に占めるFラン率58%東北地方の74%に比べて非常に低い数字です。

これは、北海道が非常に広い地域であるため、地元のエリアを出て大学に通うことが難しく、地元の大学に通わざるをえない学生が多いことが原因としてあげられます。

それを反映してか、北海道は他の地方と比べ、全体的に高偏差値の大学が少ないです。そこそこ優秀な学生もFランクラスの学生もごちゃ混ぜに地元の大学に通う傾向があるためか、大学のレベルが全体的に低く均質化している傾向にあります。

私立大学だけをみれば、入試偏差値を50超えているのが北海道の私学全体でもなんと3校3学部しかありません。

【偏差値50越えの北海道の私立大学】

天使大学看護栄養学部
北海道医療大学看護福祉学部
酪農学園獣医学部(※一部学科・日程に限る)

他は軒並み日東駒専レベルかそれ以下です。

北海道の人口は国勢調査によると2010年以降毎年1-2%程減少しており、優秀な学生たちが北海道大学のような国公立や首都圏に流れていってしまうのも大きな要因と言えるでしょう。

一方で地域の担い手としての医療系・看護系の大学及び、北海道では必須である畜産系の大学・学部に関しては需要が大きいようです。

●こんな記事も読まれています (広告を含みます)

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ