Fラン.com

F欄入学後人生逆転する方法から、Fラン大DQNの生態や末路までFラン大学に関連する情報をまとめたFラン大学総合サイトです。Fランの定義や基準も掲載しています。

*

「Fラン」の定義と社会一般的な認識

●Fランって何?Fランク大学の社会一般的な認識:

一般的に「偏差値が低く、学力が低くても入試に合格出来る可能性が高い大学を総称したものFランク大学と呼びます。

大学のレベルを < S A B C D E F > などのように分類した際に最下層に来る大学がFランです。どの大学がどのレベルに当てはまるかについては明確な定義はないのですが、一般的には偏差値に応じて分類します。東京大学や京都大学など、日本でもトップクラスの大学をSランクとし、分ける人の主観に応じて各大学のレベルを認定して話題にするようです。

このような偏差値ごとに分類した際のカテゴリーの一種としてFランクというジャンルは広く使用されています。


●どの辺りからFランっていうの?F欄の基準やレベルは?:

具体的には日東駒専(日本大学、東海大学、駒沢大学、専修大学)未満の大学を指す時に使われる傾向にあるようです。にちゃんねるのようなインターネットの世界では、MARCH(明治大学、青山大学、立教大学、中央大学、法政大学)よりも偏差値が低い大学を総じて指し示す呼称として用いられることもあります。正確なFラン大学の定義や個々の大学がF欄かどうかはこちらにまとめてありますのでご確認ください。

Fランという言葉の明確な定義は存在しないので、実際には「偏差値が著しく低い」という言葉やそれを想起させる「低脳」「無能」「DQN」などのイメージを言い換えたものとして使われる場合が多いようです。ネット上などでよく見られるイメージは、以下のものがあります。

Fランのイメージ一覧
・偏差値が低い
・入学する意味がない
・名前を書くだけで入試に合格できる
・存在意義がなく廃校すべき
・名前を書くだけで合格出来る
・大学の授業が中学生レベル
・専門学校以下の扱いを受ける
・大学を卒業しても就職先がない

章の記事一覧へ

目次(トップページ)へ